セフィアG5はサーフアングラーにとって秘密兵器となるか?

2016/07/31

超高比重の細いPE「セフィアG5 PE」 がデビュー!


エントリーでポイント最大18倍!シマノ(SHIMANO) セフィア G5 PE PL-E55N 150m 1.0号

現在エギマスターの釣り仲間が使用してるのでインプレ待ちなのですが、もしかしたら

エギングで使用ではなく、サーフアングラーとしての使用を考えてみました。

最大の武器は「高比重」

G5
SHIMANOTVより

高比重がサーフで不利になる条件は皆無。(トップウォーターは使わないので)

それどころか、サーフで使用しているミノーが10本あったら8本はシンキングタイプ。

ルアーも自重が30gに近い物が多いですが、凪の時は正直どうにでもなりますが

少し荒れたサーフの時・・・・・・に20数gのミノーでは波に揉まれて早く沈下しない場合に

セフィアG5 が沈下速度&フォールスピードを早めてくれるのでは?と期待してます!

シマノからは耐摩耗性に優れた、

パワープロZ


シマノ(SHIMANO) ルアー用ラインシマノ(SHIMANO) パワープロ Z(POWER PRO Z) 200m 1号 モ...

が発売されてますが、こちらの売りは

「EBT製法を使用し強い直進性と低伸度を実現」 EBT製法は昔から採用されてるので。

pngjrhn
これですよね、耐摩耗性UPさせている、フィッシングショーでも体験できた角に擦ると

PEは繊維が1本切れて次々と切れる強度の低下を 防ぐ、1本をまず切れにくくする技術。
セフィアG5のスペック表
G51

パワープロZのスペック表
G52
シマノH.Pより

スペック表を見て愕然とする。

0.6号ではセフィアG5の方が、パワープロZより最大強力という数値が大きいが

1.0号で比較すると・・・・パワープロZの方が数値が大きい。

だけど最大強力値の表記よく見ると

G5 はlb(kg) 「lbは質量」なのに対して

パワープロZは(kgf)

「kgfは重量キログラムといって1kgの重さの物体が受ける重力の大きさ」

う~ん kg は重さの単位であって、kgf は力の単位なので 計測方法がそもそも違うのかな?

よく分からなくなってきたが、

PEラインの断面図を観ると一目瞭然ですが

G5はパワープロZの4本編みより1本多いのだが、ライン中心の構造で

太いラインになると パワープロZの方が圧倒的に切れにくいという事で

サーフで大きい魚が釣れる可能性を含めるとはG5は使えないのかな~?

しかしG5が開発されてシマノはこの技術を元に現在のパワープロZに比重がより重いPEライン

を開発しているかもしれないですね!

期待しています!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-PEライン
-,