釣り人が言う経験則

2016/07/26

ずっと通っていたサーフでの釣果経験がサゴシの釣果とともに100%から80%まで低下。

しかし理由をつけるなら釣れる日の前日も海は荒れていた。に付きます。

当日も北風、北東の風が吹き荒れて海は濁りが入り波も高い状況・・・・・・

これが幸い?してか、日中でも活性が上がっていた理由なのか?

ベイトが風で流されてきた?しかしベイトが風で流されるのはそんな事ないと、某有名アングラー

が動画で言っていたのを思い出す。

しかも風については魚が風を受けるわけはなく、風波は理由とできるが

気圧の変化が一番なのでしょう。

風をもろに受けるサーフに至っては、天気予報で北風と行っても、

タバコを吸う人は一番良く分かるでしょうが、サーフを正面として

四六時中北風が吹くわけ ではなく風が少しやんだ時に北西の風が少し吹いたり、

逆に北東の風に成ったり

予報の風向きではなくて、サーフを正面としての風向きになる。

952bd0b3daba8675bb15881ebbe43075_m

それと雲の動きも興味深い。海の一部は光があたっているのに一部は暗いなど

日中でも自然の明暗が出来上がっていて、ルアーのアピール度も全く違うはず。

水質も濁り、波も高く、光も当たらないとなれば魚の警戒心も薄らいでいたのが

長い時間釣果が上がった要因ではあると思います。

難しいですね・・・・・考えれば考えるほど。

あとは第6感なのか分かんないけど魚の匂いがする時。

これは今度書きます!

そういえば初代内閣総理大臣の伊藤博文もその当時、豊富な魚類や海に関する知識を

持っていたそうです・・・・豆知識でした!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い, 魚の生態