波打ち際、数m先の重要性!

2016/07/12

プロアングラーの実釣動画でルアーをピックアップする時、

回収しちゃいますね~! と言って波打ち際や足元の辺りは早巻きして回収しています。

当然、自社のルアーの紹介動画なのですから、遠くで泳いでいる時のバイトシーンや、

ヒットシーンを撮りたいですよね。

この早巻きで回収するのは大人の事情です。

しかし波打ち際数m先や川などでもすぐそこの部分ってかけ上がりになっていたりしますよね?

20150905_064440

自分が通うサーフも波打ち際数m程奥は階段のようにかけ上がりの段差が出来ていますし、

そこでバイトしてくる事も凄く多いです。

そこで波打ち際かけ上がり部分で敢えて1,2秒 ほどステイさせて先週もバイトが有りましたし、

魚の大きさは小さかったですが・・・・マズメ時など大きな魚もベイトを追い込んで

ドシャローに来てるはずなので 、ピックアップ時に適当に早巻きして回収しない方が

釣れるタイミングを逃すことにもなっているのかもしれませんよ~!

手前数m先に根掛かりポイントが在る場合は一気に回収しないと根掛かりしても

責任は負えませんけど、根掛かりポイントって大きな魚が居たりする可能性が!!!!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-波、地形
-,