MLロッドじゃ対応できなくなる2016年のソルトルアー[シマノスピンビームTG42・ジャンプライズかっ飛び棒130]

2016/06/26

サーフアングラーが年々増加して、サーフからの釣りは飛距離が出ないと

ダメなわけではないが、どうしても人が多く「ラン&ガン 」出来ない場合は遠くへ遠くへと

なってしまう。

それに順応するかの如く、発売されるルアーもドンドン重くなり、飛距離重視の

タングステン製に変わってきている。

ミノーにしてもサーフで10g台のルアーを使用している人などかなり少なく

1㌉、28g前後のミノーばかりが発売される物が多くなってきています。

ロッド調子がMLなどは 30~35gが通常キャスト出来るルアーウェイトなのですが

実際にMLロッドで35gキャストする時はフルキャストするのが怖いし明らかにMロッドで

投げるよりも飛距離が落ちる。

スポンサーリンク





MLロッドとMロッド、2本サーフへ持っていく人は少なく、メインロッドをどちらかに絞って

になるけどサーフプラッキングゲーム用として重要視されるMLロッドが

ルアーウェイトが重くなっていくのでキャストすらおぼつかない

ロッドになっていくのではないでしょうか・・・・・・・。

tg42
堀田光哉氏FBより
 

お待たせしました!熱砂スピンビームTG42g。 通称”42ビーム”まさに”飛距離番長”飛距離戦争に勝つならコレ!小さなシルエットの42gでタングステンコンポジットとなれば、その飛距離は推して知るべし。鉄板バイブやシンペンの比で...

Posted by 堀田 光哉 on 2016年1月20日

シマノ・スピンビームも42gとなり、ジャンプライズ・かっ飛び棒も38g

サーフで釣りを始めようとする方はMLロッド購入よりもMロッド購入をオススメします!

最初からサーフショアジギングとして考えてるならMLロッドは視野に入らないと思いますけどね

スピンビームTG42g既にたくさんの方がAmazonの方で予約中です!
 

SHIMANO(シマノ) ルアー 熱砂 スピンビームTG42g ヒラメキャンディ32T OO-242P
SHIMANO(シマノ) (2016-04-30)
売り上げランキング: 3,303

スピンビームTG42g はこのNESSAでキャスト出来るようなセッティングにしてある とのこと

 

by カエレバ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-, ,