[アウトドア&防災]もしもの時に自分用の温度差発電所を作る!

2016/05/05

今や持ってない人はいない?そんなことは有りませんが、スマホのバッテリーが

いくら要領の大きなものになってもそれ以上にバッテリーを喰うアプリの登場で

イタチごっこ状態のバッテリー事情。

その為に、モバイルバッテリーを持つ人が増えてますが

このモバイルバッテリー面白い現象があって、田舎のコンビニへ行けば行くほど

目を疑う様な値段で叩き売られてます。仕入れの原価割れしてるだろ?と思うほど

セール品になってたりするのですが 、田舎は車社会。

車のシガーソケットからUSBケーブルで充電するので必要ないから売れない!

しかし山登りしたり、車から釣り場まで遠い場合は給電、充電するものがないと

ウェアラブルカメラで動画撮影したりする人や、スマホをフル活用する人には

バッテリー問題がつきまとう。

モバイルバッテリーも残量がない・・・そんな時は

簡易発電所のようなこの装置が有ればバッテリー問題から開放されます!

  

kkk
ヤカンとバーナーは別売品です。

kkk1
 
赤いカップに水を入れてその先にある金属ブレードをバーナーでヤカンや鍋に

お湯でも沸かしながら熱すると、熱せられた金属ブレードとカップに入れた水の温度差で

発電する仕組み。

まるで小型火力発電所の出来上がり!!
注(実際の火力発電は火力でお湯を沸かし蒸気の力でタービンを回し発電しています) 

温度差発電と書いた方が的を得ているでしょうか?

kkk2
 
発電まで個人で出来るようになるガジェットがあるんですよね・・・・・・ 

スペック
kkk6 
出力はモバイルバッテリー並に5VだがA数は少し低い。

秘境と呼ばれるような所に足を踏み入れるような方には持っていかれると良いと思いますよ。

秘境で使えるのは良いけど・・・その前にスマホの電波の方が届かない気もしますが。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-釣りに使える便利グッズ, 釣り以外のお話
-, ,