いい加減極まりない!「外来魚釣り上げ名人」

2016/05/04

SNS、ニュース等で話題の

琵琶湖「外来魚釣り上げ名人」

外来魚と言われている「ブラックバス・ブルーギル」を

年間の釣り上げ量に応じて釣り人に段位を贈る。

300㌔以上釣り上げると「釣り上げ名人」の段位が貰え

3年連続で名人になると「外来魚釣り上げの殿堂」入りするという

 滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課  

ヤフーNEWS

県琵琶湖政策課に参加を申し込むと、集計報告書などが送られ、釣り上げた量と、
釣った魚を入れた回収ボックスの番号を毎月報告する。重量は自主申告だが、
回収員が定期的にボックス内の重量を調べる。団体での登録も可能。
今年度は5月から12月末までに釣った量に応じ、
個人は30キロ単位、団体は50キロ単位で
初段から名人(団体は500キロ以上)まで10階級を認定する。

どのような利害関係がどこまで、誰にまで働いているのか知りませんが

行政がやる事がこれ程いい加減なの??

重量は自己申告、回収員が定期的に・・・・

定期的?月一?週一?毎日? 

回収ボックスに小袋に入れたブラックバスやブルーギルを入れて

重量を自己申告だそうですが、釣り人をバカにしてるの??

サイズや記録を元に競うものなんでしょ?

自己申告・・・・・・・・

まぁ、まず駆除云々を釣りと言うことでヘイトスピーチやりたいのでしょうが

釣り業界の皆さんこれでいいの??

「釣りをしないブロガーなど、段位もらえるよ!」と喜んで拡散してますよ。

ただの琵琶湖への客寄せなんですか?
 
行政がやることではない。違和感しか感じない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い, 魚の生態
-, , ,