釣り場で出会った「露出狂・お爺さん・サックス奏者」

2016年も残り20日間ほどですが、

週末の度に仕事やら用事やら

釣りに行けない日が続き10月11月12月も不完全燃焼でしたが

個人的に釣り場で色んな面白い方に出会えたり

楽しい事や、ビックリすることもありました。

そんな中で、釣れても釣れなくても釣りを通して

人生が豊かになると思えた日々でした。

3つほど2016年に釣りを通して起きた事をご紹介しましょう!

 

2016年釣り場であった面白い人達

 

 




〇 露出狂に出会った!!!

 

夏前辺りだったでしょうか・・・・・

見た目から釣りに来たのではないカップルがいた。

なんか裸じゃないか・・・・・・・?

いや水着の様な物をさっきは着ていた気がするが?

遠くからしか見えませんでしたが裸でした。

男性が女性を撮影し、別にこちらに見せるように

していたわけではないので露出狂とは言わないのかも。

まぁそういう趣味の二人なのでしょう(笑)

 

〇 会うたびに釣った魚のサイズが違うお爺さんに会った!!!

 

このお爺さん、年は70歳代でしょうか?

一時期、釣り場に行くたびに会って近寄って話をして来たのですが

タックルは持たずにいつも手ぶらで・・・・・

毎回、毎回会うたびに私の事を覚えていないのでしょうか?

「この釣り場でブリを釣ったんだ!」と両手を大きく広げ

サイズを表し、自慢げに熱く語るお爺さん。

ジグを投げずにミノーを使用しているのを見ると、

また両手を広げ「鉛でこ~~~んなブリを釣ったんだ!」と

先程よりも大きなサイズのブリを表現する。

「それは凄かったですね~!」というと

しばらくして去っていきました。

 

ある日はまた近寄ってきて・・・・・

今度は地面に落ちていた枝で何かを描き出す。

そして「こ~~~んなサイズのブリ釣ったぞ!」と

言うので、ルアーは何で釣ったと聞くと

「あんちゃんが使ってるそれと同じような物だ!」と

ぶっ飛び君95sを指差す。

もしかして、痴呆症なのか?からかわれていた、だけなのかは

分かりませんが・・・・それ以降釣り場に現れなくなった。

お爺さん元気にしてますか?

 

 

〇 サクラマス釣行九頭竜川にてJAZZを聞きながら釣りをした 

 

九頭竜川にてサクラマス釣行中に

時刻は夕方を刻み水の流れは夕陽で黄金に輝き

景色、雰囲気は最高。しかし釣れない。

そんな時間帯にどこからか聞こえてくる

「サックスの音色」

流れてくる曲はどこかで聞き覚えのある

スタンダードなJazz。

30分ほど釣りをしながら聞き惚れていた。

多分河原の堤防で誰かが吹いていたのだが風向きだろうか

姿は見えないのに自分の居た位置には良く聞こえ

心地良く釣りが出来たのを昨日の事の様に覚えている。

3つの釣り場で起きた話をご紹介しましたが

2017年はどんな人に出会えるのか楽しみです。

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-釣行記
-, ,