目の前で海難事故救助・・・カヤック自力帰還不能?

昨日の釣り中、救急車か消防車の音が鳴り響いていた。

暫くすると、200~300m先をヘリが何かを捜索するかのように

え?こっちへ向かって飛んでくる・・・・

自分が釣りをしていた近くを旋回していた。

旋回から何かを見つけたのか?ヘリは同じ位置でホバリング。

救助船が近寄ってくる。

暫くして救急車鳴り響く。

ヘリ帰還の流れが自分の釣りをしていた目の前で繰り広げられた。

 




昨日の釣行記でも書きましたが、

凪の日の様な弱い波しか寄せて来ないと油断していると

突然数分間?数十秒?大きなうねりがある波が打ち寄せて来たり

ルアーチェンジする際も5m程下がり、波から目を離さないように

正面を向き警戒しながら釣りをしていました。

沖で小さなゴムボートかカヤックか分かりませんが

浮かんでいたのは陸からも見えた。

 

そのしばらく後の出来事で、もしかして?とは思った居ましたが

転覆か、自力帰還不能で救助されたのか詳細は分かりませんが

海上保安庁「海の事故情報」に記載されてました。

http://www6.kaiho.mlit.go.jp/info/kainan/kainan.pdf

 

事故が起きた時間8:30分頃は一番波は収まっていた時間。

リアルタイムナウファス

 

風も突然突風が吹いたり無風になったりで

海に出れると判断を誤ったのでしょう。

週末の度に天気が悪い日が続き、

「釣りをしたい気持ちも限界だったのでしょう。」

しかし、現在冬です。

昨日の水温は約18℃・・・・

 

 

海上保安庁発表の「海水温度と生存時間」によれば

18℃だと12時間以下だそうです。

 

突然海は牙を向きます。波に感情なんてない。

死亡事故にならなくて本当に良かった。

しかし「釣りの魔力に呑まれてしまっていたのですね。」

釣りをしたい・・・・魚を追い求めたい気持ちは

正確な判断を鈍らせるほど強い魔力。

 

数日前にも若い釣り人が磯で落水し命を落としています。

これから天候の急変する冬の厳しい釣りとなっていきますが

一にも二にも「撤退する勇気」を持ち

また違う日に釣りを楽しめば良いじゃないですか!

 

※海で落水、事故などを見かけた際は

118番へ通報することをお忘れなく!





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-その他
-