Amazonなぜ同じルアーなのにカラーが違うだけでこんなに価格が違うのか?

Amazonで釣り具でも何でも商品を購入する際に表示される

販売元と発送元。

これは

Amazonが販売も発送する

 

これ以外にも

販売は出店しているショップ、発送はAmazon

 

販売も発送も出店しているショップ

 

Amazonで販売されてる商品は大きく分けてこの3種類の方法によって

分けることが出来ますが

商品画面は同じ。

 

基本的には送料の事を考えるとAmazonで購入するのが

一番安いですが(2,000円以上で送料無料)

在庫状況などで

Amazonは価格が乱高下するネットショップでもあります。


ひとつ例を出すと2017年9月7日現在

 

先程上に表示させた『ジャンプライズPOPOPEN95F』

画面の右下を見ると

Amazon販売価格は1,600円・・・・安いじゃないか!

この様な価格の違いが色んな商品に見られる。

 

 

同じルアーのカラー違いで500円も安い!

 

ブルーブルー・スネコン90S

房州アジチャートヘッドが1,445円

 

 

それに対して房州アジは2,000円

 

 

在庫が5個を切ると安値で販売するのか?いや違う。

在庫が2個でも2,000円で販売されているし

人気カラーは高くて、不人気カラーは安いのか?

時期によって価格が変わっているのを見たことがある為、

これも違う。

 

どうも出品しているショップ価格から約10%程、

引いた価格で販売するのがAmazonが販売している価格の様です。

小まめに目を通せばかなりお安くルアーやタックルが購入出来たりするのも

Amazonの良い所なのかもしれない。

Amazonへのブックマークはこちらからどうぞ!

Amazonブックマーク

ネットショップは上手く使うと実店舗で購入するよりも

グンと安く買えたり、ポイントが何倍も付く時に購入すると

送料分が浮いたりするので小まめなチェックが必要ですね!




Amazonが楽天より安いのがライン全般。

 

ラインは消耗品で毎日釣りに行くような方は別としても

数か月に一度は必ず交換する人は多い。

元値が数千円でも安いAmazonで数百円違えば

1年で4回巻き直しと仮定して

1年間でルアーが1個購入できる差額が生まれる。

 

ラインはお店で購入してリールに巻いてもらう人も多いけど

実は案外簡単に出来るし、出来るようになると

無駄に短期間でラインを巻き直してみたくなったりもする。

新品に巻き直す前に表裏の巻き直しをすると

またしばらく新品気分で使えたりもするし、

PEラインの巻き替えを一度やってみると良いですよ!

 

よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE150m 25Lb(1.2)
よつあみ(YGK)
売り上げランキング: 6,186

 

 

第一精工 高速リサイクラー2.0
第一精工 (2013-02-18)
売り上げランキング: 323

 

 

今回はAmazonのご紹介をしましたが、自分は楽天と両方使い分けています。

楽天の場合は一つ一つの商品が独立して各釣具店が出店しているので

ルアーとスナップが欲しい時に、ルアーはあるけどスナップが無かったりすると

2店舗でそれぞれ購入する形になる。

無駄な送料がかかるだけですね・・・・・

そんな時にはAmazonも見てみる。

ルアー1個とスナップやスプリットリングで大体2,000円オーバーで

送料無料を利用。(Amazonは2,000円以上購入で送料無料)

こんな感じで使ってますが、

楽天の方はやはりポイントが大きいですね!

年に何度か旅行に行くので、その分のポイント台と

普段の釣具購入で貯まるポイントを合わせると、

ミドルクラスのリールを買えるポイントが年間貯まるし

その他、楽天銀行や楽天サービスを利用することも多いので

結果的には楽天で購入する割合の方が多いです。

ワンランク上のステータスをあたなに【楽天ゴールドカード】

楽天に出品されてる釣具店はセール期間中でなくても

お店独自にポイント祭りの様なイベントを開催したりするし

Amazonは今回ご紹介したように、突然ルアーが安かったりするので

楽天・Amazon共にうまく使い分けて少しでも

釣り具をお得に購入すると財布に優しいです!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い
-, ,