釣れた時の水温・塩分濃度を調べる

最近見た情熱大陸で、釣り士「本波 幸一氏」も

水温を必ずチェックしていた・・・・。

データは必ず役に立つ。

その日の朝の水温、釣れた直後に計った水温。

全てが経験値として残っていく。

特に釣りってそういうものだと思う。

デジタル温度計を持っている人も居るし、塩分濃度を測っている人が

いるかどうかはわかりませんが・・・。





 

水中ポンプを使い、スマホにデータを転送できるデバイスが登場!

 

AQUAPRO と名付けられたこの製品、水槽飼育に用いる製品ですが

水槽内のPH、水温、塩分濃度を測定し

スマートフォンへデータを送ることが出来る。

 

これを釣行時に利用すれば毎釣行の水温、PH、塩分濃度を

経験値として持つことが出来ますね!

長さが270mmと30cm近いのが気になるが・・・・・。

 

実はまだ商品化されて発売はしておらず

クラウドファンディングサイトで出資者を募集しています!

 
indiegogo AQUAPRO

募集金額は日本円で300万円で、苦戦しているが

実用化されればこの商品は売れると思う。

アクアリウムに使用するのは当然ですが、やはり海や川で

の水温をデータで保管できるのはかなり嬉しい。

興味がある方はぜひ、出資してみては如何でしょうか?

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-釣りに使える便利グッズ
-