釣りが好きだから「海に散骨してほしい」しっかりと意思を伝えておかないとトラブルになる。

自分の死後の話ですが流行というべきか

一般的な日本人の死後は遺骨としてお墓に埋葬されるのが

多いと思いますが、

「釣りが好きだったから海に散骨してほしい」散骨や

樹木を墓標とする樹木葬といった供養方法も

あったりするそうですが、散骨をしたことでトラブルになる

ケースが増えているそうですね!

night-1374501_640




まず散骨はいろいろと法律に引っかかる場合があるので

個人で行おうと考えないで、葬儀社に相談するなり

必ず知識のある方に相談を。

散骨は遺骨をそのまま撒いてしまうと「遺骨遺棄罪」という罪に問われます。

 

遺骨を2mm以下に細かくして遺灰にすると罪に問われませんが

散骨出来る場所も決められています。

条例で禁止されている私有地

海の港湾部や河川の漁業権が付与されている場所

持ち主がある私有地

 

では散骨できる場所は

業者の管理している墓所

公海上

自分の私有地

海に散骨する場合も沖に出てからの散骨になりますね。

サーフなどでは散骨出来ない自治体がほとんどでしょう。

葬儀社に相談すれば、海で散骨したい場合でも

船の手配や散骨方法など相談に乗ってくれますのでお近くの葬儀社へ

全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)

 

親戚間で揉める散骨

海へ散骨したは良いが、その後揉めたりトラブルになる事が多くあるそうです。

「墓も経てないのか!」「成仏できないのではないか!?」等

理解してもらったうえで散骨しないと親戚一同から

非難されることに・・・・。

やっぱり散骨を望む方はご本人が事前に散骨を希望していると

家族親戚一同に伝えておくのがトラブル防止策ではないでしょうか?

本人は故人になって話せない訳ですから、元気なうちに理解を得ておくのが

海などに散骨を希望する場合の一番大事なことですね!

sun-1616384_640




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い