繁殖したアジア鯉を駆除する為にアリゲーターガーを投入計画!

2016/08/06

これは人が操るゲームの中での駒と同じですね。

アメリカ・イリノイ州五大湖も外来種によって五大湖に生息する

在来種が脅威にさらされている。

アジア原産地の淡水魚(アジア鯉)が大量に繁殖し在来種が追いやられている

状況に駆除活動が行われているそうですが有効な手段が見つからない為に

30年ほど前には五大湖に生息しその後五大湖では絶滅してしまった

アリゲーターガーを放流し、アジア鯉を駆除する為に利用する計画が発表されています。

Huge, once-hated fish now seen as weapon against Asian carp
The alligator gar, a large prehistoric-looking fish, is now being deployed against a pesky invasive species





2dd

生物学者の間では論争が繰り広げられ

「ガー以外にこの状況を救える生物はいない!」と言われたり

「可能性でしかない生態系を変えて良いのか?」などと

疑問視する生物学者も。

 

 

これは人が兵器を動かす戦争と同じですね。

力で物事を変えても隙間を狙われ事態は悪化していく・・・・

現在の世界で起きている現状と同じで、力でねじ伏せると

力の及ばない所で同じことが起きる「テロ事件」ですね。

もしも「アリゲーターガー」を放流しアジア鯉を絶滅するのではなく

違う生物を絶滅に追いやるようなことになってしまったら

今度は「アリゲーターガー」を駆除する為にさらに

凶暴な生物を放流するような形になる未来しか見えません。

人の都合で運ばれたり、繁殖させられたり魚にとっては大迷惑でしかない。

五大湖では元々在来種のアリゲーターガー・・・・・

日本で放流されたりして生息していると外来種・・・・・・

ほんと戦争とテロ事件そのものだわ。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-