見た目も味も格別に!「夏は氷の器でお刺身を食べよう」

毎日暑くて食欲も減退しそうですが

食べなきゃ体力も付きませんからね~!

 

そんな時にやはり魚料理・・・

お刺身は「さっぱりしていて胃もたれ無し」

 

それもスーパーで購入しても

自分で釣った魚をさばいても、

盛り付ける器が違うと

味もまた格別です!

 

今回は簡単に出来る氷の器の作り方をご紹介します!

 

簡単に作れる氷の器

 

まずはビニール袋に水を入れますが、必要の物は

これと言って他にはありません。

 

氷の器 必要な物

  • ビニール袋
  • 輪ゴム

ビニール袋は、スーパーでお惣菜を入れる透明な方を

使いましょう。

半透明なシャワシャワなビニール袋は強度が弱いので

穴が開いたりすると冷凍庫が大変なことになるので!





 

『氷の器』作る手順

 

① ビニール袋に水を入れます。

あまり水の量を多くすると

物凄く深い器になってしまう為に

袋の半分程度に納めて口を輪ゴムで縛ります。

 

② 器の出来上がり形を良くするために、

底の両端を輪ゴムで縛ります。

縛る事によって器の出来上がりが丸くなります。

③ 冷凍庫で5~6時間凍らせます。(一般家庭にある冷蔵庫)

4時間程度だと、凍ったように見えても

取り出すと割れたりする。

逆に凍らせる時間が長すぎると・・・・

こんな感じに器の中身まで凍ってしまう。

④ 周りがしっかりと凍ったら取り出して

器の上部をスプーンでコンコン叩いて割ります!

 

完成!

 

出来上がった氷の器を皿に乗せて

再度冷凍庫で凍らすとより強度のある

溶けにくい氷の器が出来上がりますよ!

 

後はお刺身を好きなように盛り付けて召し上がってください!

氷の器は滑るので下に皿を強いて食べてくださいね!

 

今回はビニール袋に水を入れて

氷の器を作りましたが、風船に水を入れても

出来るそうで、その場合は4時間程で凍り付くそうです。

お試しあれ!

 




 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-美味しい物
-, ,