[TFO釣行記]ぶっ飛び君㊙カラーでヒラメゲット!

2016/11/05 AM6:00~AM9:30

風 南西強い  波 1.5m

やっと天候に恵まれた釣行が出来る。

数日前から予報にドキドキしていたが、

波、風共に、少し強いかもしれないが

まともな釣りが出来る快晴となりました。

 

海に到着すると、風が強く、波もそれなりに高い。

しかし前回、前々回の釣行に比べれば

「凪」のようなものだ・・・・・・・・。

実際は風が強かったが。

最低気温は10℃。 しかし寒い。

風が寒気を伴ってるのか?

南寄りの風だから暖かいと思っていたが

いきなり出鼻をくじかれる。

さらには海は冬の様な海。

イワシは何処へ・・・・・・?

明るくなっても射程距離内へイワシの接岸は無し。

数百m先で漁をしているそのさらに奥では

サゴシだろうか?時よりジャンプしている塊は見えるが

全く近寄ってこない。

波が高いので少し波打ち際から引いてのキャストをしていたが

潮が引き出したので少しずつ波との距離を縮める。

 

風が強く使用していたルアーは

サイレントアサシン140sとエフリード90s

そしてぶっ飛び君95sのオリジナルカラー

左右非対称ブラック!

2年間ロストせずに使い続け塗装が剥げた

ぶっ飛び君95s レンズキャンディG B

これにマジックで背中の部分と、片側全て、ベリー部を

塗りつぶしてある。

この㊙カラーをキャストして数投目!

ガッ!

グーンと重くなるロッド。

これはビニール袋を引っ掛けた時に似ている。

しかしグングンと魚の反応がある!

直ぐにヒラメだと思ったので、丁寧に波と共にランディング




 

20161105_0851491

20161105_0852291

20161105_0852341

ぎりぎりヒラメサイズでしょうか。

まぁ満足したので画像だけ撮影してすぐにリリース!

このサーフで釣れるヒラメの色でしたね、まだ若いヒラメでしょう。

触らなかったが表面はまだ柔らかそうで、

もっと大きくなると表面の鱗が硬くなり少し黒みを帯びてくる。

寒さにずっと耐えていた甲斐があって

久し振りのヒラメゲットとなりました。

その後、数投したが寒さの為、帰路に着いた・・・・。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-サーフ釣行
-, , , , , , , , ,