ビニール袋一つあれば火は起こせる!

キャンプ地は町から離れている場所が多く

近くにコンビニなども無い場合が多いです。

そんな時に忘れ物・・・・「火を点ける道具を忘れた」

愛煙家が減る中、ライターを持つ人も少ない・・・・

さてどうする? 辺りには自分たち以外誰もいない。

そんな時にビニール袋が一つあれば火は起こせる方法をご紹介します。

用意するのは

ビニール袋(ジップロックが良し)

2yhj

枯葉、乾燥している樹の幹

2xxdf

やり方は簡単で、ビニール袋になるべくクリアな水を入れ

枯葉に虫眼鏡で集光させる方法で枯葉に向けて光を集める。

簡単に火を点けるには、

樹の幹を石などで細かくすり潰す。

2hgt

後は枯葉や枯れ枝なども用意し(なるべく乾燥している物)

すり潰した樹の幹に対して水を入れたビニール袋で集光させる。

ビニール袋は口の部分から空気を絞り出しなるべく丸みを帯びた

状態にすると良い。

2ikj

2ttg

少し煙が出て火がついて来たら、周りの空気を多く取り込める

藁などにすり潰した樹の幹の粉を移して「フゥフゥ」と

風を送り込めば火が誕生する!




2cfgh

火を起こせるようになるまでに早い時だと5分程度

枯葉が湿っていたりすると10分以上かかるかもしれないが

もしも遭難などして命を救ってくれる知恵にもなるし

あえてアウトドアキャンプに行く時に火種を持たずに

このやり方でサバイバル感を味わうのも面白いかもしれない。

間違っても室内でやらないように!!


Can You Start a Fire with a Sandwich Bag? (Cool Survival Hack)




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-釣りに使える便利グッズ, 釣り以外のお話
-,