釣りに大事な濁りは食物連鎖にも重要な役目でもあり、魚の活性を良くする起爆剤にもなる

例えば、人が魚を見る時は綺麗な水で在ればあるほど

魚が良く見え水槽で魚を飼っている人には

濁りは不満の種でしかないでしょう。

釣りにおいては濁りは良くも悪くも非常に重要ですね。

シーバス釣りをされている方は特に

雨=濁り=増水=出撃

このパターンが成り立ち

濁りを非常に重視されている方は多くいます。

 

サーフで重要な濁り

ヒラメハンターのMオジサンに以前聞いた話。
ヒラメハンターへの道

「濁りは魚の警戒心が薄れるから・・・・

これも一理ある。

しかし、サーフなどで濁りが入るというのは

2つのパターンがある。

ひとつは雨によって底に溜まっている砂などが舞い上がり

プランクトンが水中にたくさん飛び出し食物連鎖が起きる。

プランクトンを食べに小魚が。

それを狙ってより大きなフィッシュイーターが。

濁っていても潮の流れさえあれば、この食物連鎖が

綺麗に連鎖する。

しかし、潮の流れが効かないと

プランクトンを分解しきれないバクテリアが大量に残り

その影響で濁る水は「溶存酸素量」が少なく

魚は寄ってこない

もう一つは単純に川から流れ出た泥水や不純物が

沈殿せず浮遊している状態の濁りは

人も魚も嫌だよね。」

 



要点をまとめると

 

良い濁り

○ 底荒れしない程度に砂が舞い上がりプランクトンが発生

○ 潮が流れ食物連鎖が起きる

ヒラメやマゴチは底荒れしたりするとその場に定位も出来ないし

極端に水色の悪い時を嫌う。

ヒラメよりも個人的にはマゴチの方がその傾向が強い気がします。

マゴチは水質が綺麗な時の方が圧倒的に釣れる。

尚且つ潮止まりなど、潮が動かない時よりも

上げ下げで潮が動く時に良く釣れる。(魚全般そうだが)

 

 

悪い濁り

○ 魚が寄っても来ない濁りの中には酸素が少ない

潮止まりの時間帯で、水面に汚い泡ぶくを見たことがありますか?

潮が流れ出すと消えるのに溶存酸素量のバランスが崩れた

水は魚も近寄らない濁り。

結局、濁りは良くも悪くも魚には必要不可欠な物であり

人が汚い場所や空気が汚い場所へ行くのが嫌なように

魚も酸素が少ない汚い水質は嫌うという事ですね!

昔、父親と釣りをしながらよく言われていた言葉で

記憶にずっと残っている言葉・・・・・

「雨が降り出すと、大きな魚が釣れる」

「海が荒れ出すと大きな魚が動き出す」

食物連鎖が起きるという事を違う言葉で

伝えたかったのだろうか?

それとも自分の経験で言っていただけなのだろうか?

謎である。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-波、地形
-, , , ,