絶対に食べちゃダメ!なカニ「ウモレオウギガニ」カニ類最強の毒性!

日本のあちこちで本格的な冬を前にカニ漁が始まり

ニュースなどでも話題になってますが

 

こちらは先日、

猛毒で話題になった「ウモレオウギガニ」

日本では南西諸島に生息しているはずが

2016年11月、和歌山県の伊勢エビ漁の網にかかり

生息が確認されました。

2011年にも和歌山県すさみ沖で捕獲されており

高水温の日本近海を北上している可能性が高いそうです。

 



主な見た目の特徴は

ハサミの先端が黒い。

甲羅は名前の通り扇形で、斑模様に鱗の様な突起した表面。

2oka

 

カニに毒がある、

それも貝類の猛毒「サキシトキシン」麻痺や呼吸困難を起こす

フグ毒「テトロドトキシン」青酸カリの850倍の毒性を持ち

300度以上で加熱しても分解されない。

この強烈な2つの猛毒を持った「カニ」がウモレオウギガニ。

毒が甲羅にしみ出す恐れもある為に、素手で触った場合は

すぐに洗う事をお勧めします。

 

カニなんてすべて食べれると思っていたし、生活している地域だけの

毒魚、毒生物だけの知識では足りない世の中になってきましたね。

まさかこんな所に毒生成物はいないだろう・・・・・と

決めつけてはいけませんね!

生息しているとされる地域外で発見した場合は、

近くの水族館や報道機関に連絡し、

広く注意、と周知してもらう事が良いと思いますね。

 

地球温暖化って思っている以上にいろんな面で

恐ろしい事なんだな・・・とも思いました。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-