どうしても欲しいルアー

ベイトそっくりなルアーであっても釣れない時は釣れない。

多分表面に生身のベイトを張り付けて、CPU制御で生きた魚と

同じ動きをするルアーが出ても釣れない時は釣れない。

魚の生態を徹底的に調べ、スイムアクションで魚に催眠術を掛けれる

ルアーが登場して、釣りまくっても

多分そのうち、みんな飽きてしまうと思う。

ルアーフィッシングの醍醐味「釣れない事」

釣れるルアーというのは物凄く色んな考え方がある。

使用時間が長いから。

販売数が多い為、目にする機会も多いパターン。

「釣れるルアーと知り、購入しても釣れなかった・・・・」

よくあるパターンですが、自分でどのようなレンジを探る事が出来て

その釣り場にあう、あわない関係なしに使うから

そりゃ釣れなくて当然ですね!




よくよく考えると欲しいルアーって釣れるルアーでは無くて

(飛距離、価格、耐衝撃度などはこの際は無視)

レンジをつまみか何かで自在に変化させられるルアーが登場しないか?と

思ってしまいました。

狙う魚種も、フラットフィッシュから青物までいる訳だが、

対象魚を狙うときに一番初めに考えるのが

どのレンジをリトリーブさせるか。

サーフからヒラメを狙うときに例えば水深が5mもある急深サーフだとすると

フローティングミノーで30㎝しか潜度がないルアーなど使うよりも

ヘビーシンキングミノーで4m潜るというルアーを使うに決まっている。

逆も然り。

表層に大量のベイトが居る中で敢えてレンジを外すという場合以外は

トップウォータールアーやフローティングルアーを使いますよね。

じゃあ特別なテクニックをしなくても切り替えのレバーでも付いていて

フローティングミノーとヘビーシンキングミノー両方のレンジを探れる

ルアーであれば財布にも優しく(多分浮いたお金で違うカラーを買うと思うが・・・)

ルアー選択で迷う事なども無く一つで2度おいしいルアーになると思いますが

切り替えの小さなスイッチでも付いて表層、ボトムと

初心者でも誰でもが両方のレンジに使用することができる

「ハイブリッドルアー」があれば絶対に欲しいと思った。

リップの位置を可変するだけとかもしかしたら過去に何処かのメーカーが

作ってたよ等知ってる方いましたら教えてくださいね!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-, , ,