また釣り場が消えていきますね・・・・

また2017年早々、釣り禁止になったエリアがあるそうです。

毎度おなじみゴミのせい。

そこに釣り人いれば、その一帯のゴミはすべてその釣り人が

出したものとみなされる・・・・・

こんな図式になっていますね。

某ポケモンGOでとある海の観光地が人気となり

お土産物屋さんのおばちゃんが

「ゴミが増えてどもならんわ~」と嘆いていた。

そのゴミも拾われなければ荒れた海の潮の流れで

辿りつくのは漁港や防波堤。

 

そこにいるのは釣り人。

心無い釣り人が釣り道具のパッケージを1つポイ捨てした。

その時点でその辺り一帯のゴミは釣り人が捨てたと思われる。

 

2月に入れば九頭竜川一帯に釣り人が押し寄せそこでも同じ。

弁当のパッケージ、ペットボトル、吸い殻・・・・

川近辺に落ちているだけで近隣の住人からは

「2月に入ると川の付近にゴミが増えるのは釣り人が増えるから」と

同じ会社で勤務する事務員が九頭竜川のすぐそばの町内なので

そう話していた・・・・・。

 

情けない話だが、世の中全て同じで、

 

人は皆、核心に迫ろうとする。

 

犯人探しをするわけですね。

 




一度付いてしまった印象を改善するには相当な労力を必要とする。

 

ゴミをポイ捨て捨てする人は、

すべての釣り人を敵に回す気持ちで

そのくらいの覚悟を持った方が良い。

 

ゴミを見かけても拾わない人は、

自分が拾っただけじゃ解決しない?

ゴミが落ちてる所はポイ捨てする人には

絶好のゴミ捨て場となる。

あなたが拾う一つのゴミが

100個のポイ捨てゴミを防げるかもしれない。

 

いつも釣り場周りのゴミ拾いをしてくれる方、

どんな大きな魚や希少種を釣り上げるよりも素晴らしい。

きっとあなたは釣りを愛している人だと思います。 

 

 

大人になり釣りをするようになって

こんなにもゴミと釣り人が関連付けられるとは

思ってもいなかったが、海や川の近辺で生活されてる方からは

そう思われている。と認識しなければいけない

現状を知って欲しいですね!

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い
-