あの巨大クラゲがクッキーになって10年・・・・・

先月釣行中に波打ち際に浮かんでいた

「大型クラゲ」

20160917_0853011

エチゼンクラゲと呼び名が付いていたはずだが

エチゼン と呼ぶことに悪評があるとの事で

いつの間にかオオガタクラゲと呼び名が変わっていた。

10年前にはエチゼンクラゲ接岸で漁師の網が破れてしまうなど

大きく取り上げられ、釣りをしていて目撃された方も

多かったのではないでしょうか?




今から10年ほど前に県内の高校と県内のバス会社が提携し

オオガタクラゲを食材として利用し

クッキーの中にクラゲが入り

「えくらちゃん」クッキーを販売していた。

今でも販売しているのかどうかすら分からないが

販売元のH.Pからは商品名は消えている。

越前本舗

問い合わせてみた所、現在は生産中止とのこと。

地産地消・・・一時期流行した言葉だが最近はあまり聞くことが少ないが

まずは地元民に愛されない食べ物など

大都市部に販売しようとしたところで売れるのは難しいですね。

それよりもやはり地元民が普段から食する物としては

難しかったのでしょうか?

しかし、困っていたものを有効利用する考えは素晴らしいと思うが

クッキーにクラゲが入っていて何か意味があるの?

と謎すぎるクラゲクッキーになっていた

「エチゼンクラゲ」の話でした。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-美味しい物
-