ヒラメ・マゴチを釣るシャローサーフ用エフリード!「エフリード92SR」

2017/06/20

シャローサーフはどの水深からシャローサーフと呼ぶのか

決められた水深など無いが、沖にある大きな馬の背は

サーファーがそこで立ち上がり腰程度の水深しかないのが

こちら側から見える時がある。

 

当然その背の両脇は傾斜が付き、瀬よりも深くはなっているのだが

以前そのサーフでサーファーに聞いたのは

「日本海側でも冬の方が傾斜が強く夏の方が傾斜が弱く、

背と一番深い所の差もそれと同じだよ!」

夏は背もワンドも水深差があまり無いとの事になる。

 

特に時期に拘りなく、釣果に困った時には

エフリード90Sを使って、早巻き、タダ巻ではなく

しっかりとボトムを取ってからロッドアクションで跳ね上げて

フォールを魚に見せてから数回巻いて、また跳ね上げてを

繰り返して使っている。

この使い方であれば水深が8mだろうと2mであろうと

特に問題は無い。

エフリード90s使い方

 




ただ問題が一つ・・・・・・

どうもこのフォールを見せる方法だと

確実にボトムを取ってボトムを這わす形での巻きになる為に

マゴチの釣果が多く、ヒラメを狙う時にはもう少し上のレンジを狙いたい。

シャローサーフで在れば尚更。

 

そこで登場するのが

 

サーフシャロー専用モデル・エフリード92SR

 

オフセットリップが特徴的ですが

基本的なスペックはエフリード90Sのリップ違いですね。

ウェイトバランスもセンターバランスで同じ。

ウェイト自体も26gで同じ。

スイムも水平ローリングフォール、巻きはウォブンロールと

エフリード90Sの良い所そのままです!

 

 

後はオフセットリップによる

浅いレンジを安定してゆっくり巻けるかどうか?

この部分だけがエフリード90Sと違うのですから

当然それを求めます。

 

シマノ・熱砂スピンドリフトなど、オフセットリップを

採用しているルアーはヒラメやマゴチなどを狙う

ヘビーシンキングミノーに多く採用されているが果たしてどうなるのか!?

注目したいと思います。

Shimano・熱砂スピンドリフト90HS

エフリード92SR

スペック

サイズ:92mm

ウェイト:26g

カラーは全13色

 

エフリードの良さは価格の安さ・・・・

これもしっかりと継承し定価1,500円(税抜き)

さぁ水深が浅くなるシャローサーフの時期が到来します!

今年はエフリード92SRで何匹のマゴチと出会えるのか・・・・・

今から楽しみだが、ネット販売まだなので早く発売してください。
(2017/06/01現在)




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-サーフルアー
-, , , ,