渓流釣り支えてきた養魚場が廃業「県内産ヤマメ・イワナはどうなる?」

残念なニュースですが、

福井県内河川に放流されるイワナやヤマメの大部分を育ててきた

福井県池田町大本の養魚場が、

足羽川ダム建設で移転対象になり、

今春で事業に区切りをつける。

福井新聞オンライン

こういった方達が裏方で頑張っているおかげで

楽しい釣りが出来る側面がある事も忘れないでいたいですね。




来年以降は、県内他施設で増産するそうですが、

イワナは県外産をいれないといけない可能性があるとの事ですが

ヤマメは県内産を残せるそうですね。

 

 

今年は始まったばかりですが

九頭竜サクラマスの釣果は昨年ほど上がらず

早くも谷間の年と言われそうですが・・・・

全面解禁後にまた状況が変わるかもしれませんし。

もしかして早くから遡上し過ぎて全面解禁後に

上流域で爆釣するとかはありえないとは思いますけどね。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い
-,