ニジマスは外来魚なのになぜ大きく駆除の動きが出ない?モンスターサイズまで成長するバイオテクノロジー!

イギリス北部バースシャーにある湖で

イギリス国内では最大となる15.76kg のニジマスが釣り上げられ

話題を呼んでいます。

2alas
DailymailNEWS
このニジマスは発育年数から、養殖場から逃げ出した

3倍体の可能性が高いとの事。




3倍体とは

2xkjj
2kkjhu
日本水産大学

バイオテクノロジーにより造られた魚ですね!

簡単に説明すると、卵を産めない体にして

その分の栄養をサイズが大きくなる様に育て

通常産卵すると死んでしまう個体が産卵しないので

寿命も延び、サイズも大きくなるという事です!

驚きですよね・・・・・・・・

 

ニジマスって

世界の侵略的外来種ワースト100・日本の侵略的外来種ワースト100の双方に

選定されているのに、爆発的には繁殖しないや色んな商業利用がある為に

こんな研究もされているのですね・・・・。

魚のサイズまで人が自由に操作できる時代になっているとは

世も末と考えるべきか、将来の食料飢餓を救う救世主となるのか

今は答えが出ませんね。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-