「生き物を殺せないから逃がす」気持ち。

2017/11/24

日本各地で次々発見される

特定外来種に指定されている生き物。

2016年・2017年世間をあれだけ騒がせた

アリゲーターが関連記事

2017年11月21日に「アリゲーターガー」が特定外来生物に指定され

2018年4月から国の許可なく

「販売・輸入・飼育」が出来なくなります。




 

日本を侵略しようと、空を飛んでやって来るわけでも無し

何かの生物を絶滅させたい為にそこにいる訳でも無し

その多くが飼われていた生き物なのに

人の事情で放流された。

数か月後、数年後その近辺で発見され大騒ぎになる。

放した人はどんな思いでニュースを見ているのだろうか?

 

飼えなくなる事情があるなら、自分の手で絞めないと。

飼えなくなって他へ捨てるなら殺してください!

 

飼っていた生き物にそんな事できないのは分かる。

自分も小さい頃に多くの生き物を飼っていたので

気持ちは理解できます。

 

 

生き物が好きな人は、アリ一匹殺せない優しい人が多い。

しかし飼っていた1匹を殺せなかったことで、その他大勢の生物が

犠牲になり元に戻るまでに長い時間が掛かるのを分かって欲しい。

 

自然界にゴミをポイ捨てするのと同じですね。

捨てられたごみは分解される物もあるが長い年月が必要だし

分解されないゴミが増えている。

生態系がどうのこうの言う前に

自分が飼っていた生き物が密放流してしまった事によって

悪い生き物になってしまう前に

自分で処理をできないのであれば保健所などへ持ち込むなど

しっかりとした後始末も飼い主としての責任です。

注)指定開始後6ヶ月以内に既に飼養等をしているものについて、

申請が通れば飼育は可能です。

 




 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-魚の生態
-