立ち入り禁止エリアでの某メーカー撮影について

良くある話だとは思うが、

釣り具メーカーが、

立ち入り禁止エリアでポイント紹介までやってしまっては

後の祭り。

 

「あ、あのポイント入って釣りしても良いんだ!」

多分釣りを初めてする人は立ち入り禁止のポイントがある事すら

知らないと思う。




 

誰かの私有地であれば不法侵入になる。

 

もしもそこで落水事故などがあった場合、その場所での釣りを

公開していたメーカーも無傷では済まない。

 

もしも「立ち入り禁止ポイント」を知らなかったなら、

動画は抹消されているのでそれで良いと思う。

 

「間違った場所で撮影してしまいすみませんでした。」

ただそれだけで良い。

 

別にメーカー擁護をする気も無いし

そのメーカーの商品は一つも買ったことも無ければ

特別欲しいものも無いので買う予定も無いが。

 

間違いは誰にでもある。

それを教えてあげるのも釣り業界として我々地元に詳しい

アングラーがいて・・・・・

釣り自体をもっと理解あるものとして

アピール出来て行けるのだとも思います。

 

東京を中心に関東港湾部付近は釣り場が

どんどん減っている現実も知っていますが

立ち入り禁止エリアなど、曖昧な感じや黙認しているのが

日本らしいといえば日本らしい風潮でもある。

 

地元の釣り禁止エリアも、死人が出てもしばらくは

立ち入り禁止エリアを巡回はするが

特別入っていたからと言って逮捕されたなど聞いたことも無いし

それを都合よく思い入る人は後を絶たない。

 

禁止エリアを作るくらいならそこで金儲けした方が良いと思う国、

禁止エリアを作ったなら厳罰に処する国、

禁止エリアは一応作ったけど、見て見ぬふりする国、

どの国の風潮が良いかは人それぞれですが

今回の立ち入り禁止エリアに入っていたメーカーが

釣り人、釣りブログを書いている人達によって

動画抹消と、反応してくれたことが良かったと思う。

 

誰かに通報されて警察沙汰にでもなっていたら・・・・・。

 



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い
-