大阪寝屋川でアリゲーターガー発見「アングラー出動だぁ!!」

過去に河川やお堀にアリゲーターガーが出没し

多額の捕獲費用をかけても捕獲できなかったり苦戦していますが

一番確率が高いのがアングラーによる捕獲!

大規模な駆除作戦よりも功を成したのは釣り人

 

電気ショッカーなどを使っていた地域もありましたが、

生態系を乱す理由で電気ショッカーはおかしな方法だし

ルアーで釣り上げて、水族館などで引き取ってもらうのが

一番では無いのでしょうか?




 

今回の出没は大阪寝屋川市の公園内の池にアリゲーターガー出没!

 

大阪府寝屋川市の公園にある池で、

北米原産の巨大肉食魚アリゲーターガーとみられる魚が撮影された。

生態系を乱す可能性があり、市民団体などでつくるグループが16日、捕獲を試みる。

 

撮影されたのは、同市高宮あさひ丘の公園にある山新池(約4800平方メートル)。

水辺環境の改善や河川清掃をするグループ「寝屋川再生ワークショップ」のメンバーが

7月下旬、ガーとみられる魚を見つけカメラで撮影した。

 

4匹を確認し、うち2匹は体長1メートルほどだったという。

数年前にも地元住民がガー2匹を目撃していたという。

メンバーの一人で摂南大学理工学部の石田裕子准教授(河川生態学)は、

ペットとして飼われたガーが放流された池で繁殖した可能性があるとみる。

朝日新聞デジタル

アリゲーターガーに関しては

平成30年より特定外来生物に指定されます。

アリゲーターガー平成30年より特定外来生物に指定

今後も続々と池に放流する人は増えていくと思う。

もう自治体が引き受けるなどしなければ止まらないでしょう。

 

人を襲う事は通常有り得ない魚ですが

何かに間違えて噛みついたりすることは在るかも知れない。

逆にそうでも成らなければ大きな動きが出る事は考えにくく

発見→捕獲→発見→捕獲と

日本でアリゲーターガーは、凶暴生物に近い存在となってますね。

 

鑑賞用として安易に飼う事に対して法律で縛らなければ

今後も増え続けていくのでしょうね・・・・・。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-