越前かにまつり2017で「カニ炊き込みご飯とセイコガニ汁食べてきた」

毎年天気が荒れやすい日は、大体同じような

風向きだったり雨雲の流れも同じ様に流れるからなのか?

荒れる日が多い

「越前かにまつり」に行ってきました。




 

越前かにまつり2017大荒れの天気に

駐車場の厨漁港に近付くと車のガラスを叩き付ける様な

大粒のアラレが降り出す。

天気とは裏腹に駐車場に車は多く、

会場までのシャトルバスには20名以上が並んでいた。

 

民宿や料理旅館が並ぶ会場までの道幅は狭い。

外の気温とは真逆にバス内の賑やかな人の気持ちは熱い。

 

到着は10時頃。

大人気「セイコガニ汁」はお昼の部もすでに売り切れです!と

アナウンスされていたので、通常販売されている

セイコガニ汁を食べる為に長蛇の列に並ぶ。

 

1時間ほど並んでようやく買うことが出来て

冷たい風が吹きつける中、屋根付きの食事スペースで食べる。

カニ炊き込みご飯と、セイコガニ汁。

カニ汁セットで1人前、1,000円。

炊き込みご飯は子供が食べる程度の量しか無いが

メインは「セイコガニ汁」なので仕方ない。

セイコガニは、もちろん黄色い越前タグ付きの

越前セイコガニ。

年にそう何回も食べる訳じゃないので今年の味は?

なんて分からないが、毎年美味しく小さいセイコガニだったけど

カニ味噌もしっかり入っていたし

足の身も食べる部分はあったし外で食べるには半身で十分かも。

 

兎に角、常時人が混んでいる感じでしたね。

2日間で毎年7万人が押し寄せる「越前かにまつり」。

今年も荒れた天気ながら人は混んでいましたが

交通整備などしっかりと対応されているので

会場周辺はそれなりに渋滞はしていたが割とスムーズに

通行出来ました。

多くの人が帰りにお土産として

真っ赤に茹で上がったズワイガニを買って帰る光景を見ながら

帰路に。

帰りに見る日本海は相変わらずいい荒れっぷりでした。

 

 

 




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-イベント
-