ジャンプライズ・ぶっ飛び君1強時代に一矢報いるか!「アイマ・ヨイチ99」

2017/03/31

シンキングペンシルといえば

今や多くのアングラーが「ジャンプライズ・ぶっ飛び君」と

真っ先に挙げるだろう!

飛距離、使いやすさ、狙うレンジの広さと長時間使っていても

飽きない事から圧倒的な釣果を叩き出す。

そんなこと無いだろ?と思われる方は、SNSを見ていないだけだと思う。

別にSNSが全てではないが、真実は一つ。

釣果画像を撮らない人の方が少ない時代に、証拠となる

釣果写真は物語る。

 

各ルアーメーカーも相次いで飛距離優先のルアーを発売。

しかし釣れる釣れないの前に

長時間使って飽きないルアーに死角なし。

釣果の多さはそれだとも言えますね。

 

ジャンプライズ・ぶっ飛び君1強時代に一矢報いるルアーは登場するのか?

 




 

アイマ・ヨイチ99は那須与一となるのか!?

 

 

平家物語に登場する那須与一


太田神社
幼いころから弓の腕が達者で、源義経軍に従軍し

平氏方の軍船に掲げられた扇の的を射落とすなど功績を挙げた

那須与一を連想するルアーこそ

アイマが発売する「YOICHI99」

 

2017年3月31日に発売されるYOICHI99

スペック

YOICHI 99 (ヨイチ 99)
[全長]99mm
[重量]28g
[タイプ]シンキング
[レンジ]10〜60cm
[アクション]ワイドスラローム
[フック]#3
[リング]#4
[価格]1,650円(税別)
[発売日]2016年3月31日発売
[推奨エリア]磯・サーフ

カラーは全12色

昨今のルアーゲームで重要視されているのが飛距離。

Yoichi 99はその28gという重量と、空気抵抗を受け難い独特のシルエットから、

納得の飛距離を叩き出すことができる。

そして特徴的な、少しカップ形状になっているリップが、

適度な引き抵抗を発生させ、

ルアーの位置や動きなどのインフォメーションをアングラーの手元に伝えてくれる。

フォール姿勢は水平フォールに設定、ドリフト釣法やストップ&ゴーなどで使い易くした。

河川や磯でのシーバスゲームはもとより、サーフでのフラットフィッシュゲームにも対応。

飛距離が必要なシーンで活躍する、オールラウンドなシンキングペンシルの誕生である。

スイムレンジはぶっ飛び君95Sと比べて、

ぶっ飛び君95sレンジ(0~100cm)よりも少し浅いレンジ。

サーフでの使用はシャローサーフでの使用が有効になるでしょう。

 

どちらかというと、サーフよりも磯での使用が多くなりそうなルアー。

まずは飛距離が出なきゃ快適に使えない。

それも風が強い日に。凪の日に飛ぶのは今では当たり前。

飛距離をアピールするYOICHI99楽しみでは無いでしょうか!

 

飛距離だけではない、快適に使えて長時間の使用でも

色んなことを楽しめるルアーであってほしいと思いますね。

何度も書きますが、ぶっ飛び君の圧倒的なシェア、

使う人の心をも射貫くルアーとなるのか?

発売は2017年3月31日です。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-, ,