インソール(中敷き)を使うだけで長時間の釣りで疲れる足の痛みから解放される

毎日が暖かい天気での釣りは気持ちが良い。

しかし、釣りは自然の中で楽しむもので

寒い日にはウェアなどの重みも体の負担となり

足は特に疲れます。

磯や河川のゴロタ石では足の裏からふくらはぎにかけて

特に疲れや痛みが出ます。

 

インソールを使うだけで

大きく痛みや足の疲れを軽減できるのでご紹介しましょう!




 

スパイク磯ブーツにインソール(中敷き)を入れると疲れや痛みが軽減される

 

基本立ちっ放しで行う釣りは

釣りをしている時間=足も当然疲れます。

ウェーディングする時などは、水圧で足が圧迫される

疲れや痛みはどうしようもない事だが、

スパイクピンブーツは

特に足裏からふくらはぎにかけての痛みが出た。

 

平坦な地面に立って居る訳ではなく、

ゴツゴツした岩礁帯でスパイクピン何本かで立ってたりなど

仕方ないかなぁ・・・?と思っていたが、

インソールを入れたことで大きく痛みや疲れが改善されました。

 

インソールも色んな商品がありますが、

ゲルやシリコン系の物は海水に浸かりっ放しや

常に濡れた状態では成分が融けだす恐れもある為に、

敢えて選ばなかった。

 

 

選んだのはこれです!

[ミズノ  ソルボライト]

 

MIZUNO(ミズノ) ソルボライト J6JYA60605L ダークグレー L(26.5~27.5cm)
MIZUNO(ミズノ)
売り上げランキング: 1,400

 

素材はポリウレタン。

ポリウレタンは熱には弱いのですが、水には若干縮みましたが

使える範疇です。

そもそもが水で濡れっぱなしになったりする環境で使う製品としては

販売されていませんからある程度の消耗の速さや劣化は仕方ない。

 

このインソール(中敷き)ソルボライトを使用してからは

異常なほどの足の疲れや、

釣り中に何度も足をマッサージしなければいけない

痛みからも解放された。

 

インソールを入れた履き心地と洗濯保管方法

使い始めた日は、若干の違和感がありましたが

元々少し大きめサイズのブーツを使っている為に

違和感は直ぐに無くなりましたし、

自分の足にすぐにフィット。

 

保管方法は、帰宅後ブーツと一緒に真水で水洗い。

陰干し。

ブーツと同じです。

 

春、夏、秋は水が浸透するウェアを着ているので、

いくら暖かい日でも水に浸かりっ放しで

冷えから足が痛かったり疲れやすかったりもあるとは思っていたが、

それ以上に磯でスパイクブーツを履き、

平坦では無い足場に立ちっ放しで釣りをする足への負担は大きかったが

これほどにも足裏が関係しているとは思わなかった。

 

ウェーダーや、磯スパイクブーツなどフィッシングブーツ全般に

オススメ出来るインソール(中敷き)ですよ!

足の痛みでお困りな方はぜひ試してください。

注)ブーツ部が現状ジャストフィットしている方は

インソールを入れると窮屈過ぎて逆に足が痛くなりますのでご注意を。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-釣りに使える便利グッズ
-