スナップからスプリットリングに変えた理由

ショックリーダーからルアー接続にスナップを使用していました。

サーフアングラーの多くの方がそうだと思いますが

サーフで大型青物が釣れるわけでもなく、

もし、ヒットしても

ゴリ巻きではなくドラグを使ってゆっくりファイト出来る為に

深く考えずに、ルアーチェンジがワンタッチで出来る

スナップを利用していた。

 

ある日理由は分かりませんがキャストする瞬間に

スナップがなぜか開いている事が何度かあり、

一度はキャスト時に確認したのに

ルアーをピックアップした時にも開いていたことが・・・・。

 

その他は特別、魚にパワー負けしてスナップがどうのこうの

なった事もありませんし、

根掛かり時にリーダーの切れる位置がどうのこうのも

切れてしまう物はどうしようもないし、

 

ルアー接続で大きくアクションが若干変わってしまう事も

気にはしない。

今時スナップからスプリットリングに変えただけで

ルアーが泳がなくなる物は困る。

 

 




 

知らないうちに開いているスナップの不気味さに

スプリットリングに変えようと思い、

溶接リング+スプリットリング接続に変更。

 

 

困ったのは、ルアーチェンジの回数に比例して

スプリットリングが少しずつ開いてくる・・・。

釣り場で丁寧に開いてルアーチェンジしているわけではなく

お気に入りのシマノプライヤーで

「パッと開いてグリグリ回して交換」している。

 

何種類かのスプリットリングを使用してみたが

若干の回数のラグはあるが徐々に開いてくることに

変わりは無かった。

 

 

2回の釣行で使い捨てとする時もあれば

1回の釣行で使い捨てする場合もあるが

日によってルアーを何十回も交換する時もあるので

ルアーチェンジの回数で交換するようにしてます。

 

 

高いスプリットリングもあるが大きな価値の違いは感じず

ゼスタ・ハードスプリットリング100個入りの

バリューパックを使用しています。

ゼスタ ハードスプリットリング100個入り

倍近い値段のするスプリットリングも使いましたけど

値段の差でリングの疲弊していく回数が若干違うかもしれないが

「100回程度の強度の物が価格が倍だから200回持つのか?」と

その差は感じなかったので、

個数が多く、1回の釣行でも使い捨て出来る安さは

魅力ですよ!

 

何も問題が無い・・・それこそが一番良い商品だと思います。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-タックル
-