表層をトゥイッチングでサクラマスを狙う!

2月にシーズンが始まった

九頭竜サクラマスも5月31日の禁漁期間に向けて

終盤戦。

日本各地の河川でもサクラマスのハイシーズンとなっていますが

気温と水温も上がる5月。

サクラマスの狙い方も色んなバリエーションが通用するように。

その中の一つ、

「シャローミノーを使ってトゥイッチング、サーフェスで誘う」

絶好の時期です。




 

サクラマスは水温の低い上流へと向かう5月、サーフェスで狙う!

 

サクラマスは低水温に強い魚ですが、水温が低過ぎる時間帯や

やる気の無い時間帯はボトム近辺に定位している。

しかし、陽が昇り水温が上昇に転ずると

遡上を始めたり活性が良くなる。

テトラ際でジッとしていた魚や、瀬ノ淵で体を休めていた魚も

雨後の水の引き際に遡上を始めたり・・・・。

下流は気温によって水温が上がりやすい傾向の為に

サクラマスなど冷水性魚類はより水温の低い

上流へと向かう。

 

気温が上がりすぎる日には、ダムの放流水で上流部の方では

-1~-2℃程度下がるといわれているが、

水深が浅い場所の多い上流を目指すサクラマスに対して

使い易いルアーが『サーフェスミノー』

ルアーが水面から飛び出してしまっては意味がないが

サーフェスを泳ぐ魚に対してリアクションする魚は多い。

 

そしてサーフェスで魚を狙う面白い所は

人間にとっても釣りの中で1,2位を争う

「魚のバイトが見れる」ことかもしれない!

毎回見れるわけではないですが・・・・・

とくにサクラマスは、バイトが見れる魚で有名でもないが

水面で銀色に輝く魚体は

どんな魚よりも美しいと感じる人も多い。

 

そしてサーフェスをトゥイッチしてサクラマスのリアクションを

狙い、瀬を狙ってサクラマスを釣るのを得意とする

ジャッカル「ティモン・フィールドスタッフ」北村範行氏に話を聞いて来た。

 

私はシーズン初期よりシャローミノーを使いますが

何より気持ちが良いのは合わせを入れた直後からのヘッドシェイクやローリングが
 
ダイレクトにロッドに伝わり、
 
目でもミラーボールのようにギラギラと光るサクラマスが見れるところです。
 
平均水温10度前後になるとサクラマスも活発で
 
水深があるポイントでも下から突き上げてきます。
 
何よりルアーをトゥイッチングで動かし誘って掛ける!
 
サーフェスで掛けた魚はダイレクトにその動きが伝わり目でも見れる。
 
自己満足ですが釣った感が1番感じられる釣りだと思います。

 

 

ぜひこれから終盤へと向かう日本各地の2018サクラマスシーズン。

サーフェスミノーを使ってトゥイッチングのアクションで

サクラマスを狙ってみては如何でしょうか!

 

ティモン トリコロールGT88SR-F

スミス チェリーブラッドSR90SS

ティムコ シュマリ110F

バスデイ シュガーミノーSG 90F

ジップベイツ リッジ90F

 

他にも『流神 櫻雅90TC』なども、

シャロートゥイッチングに良いルアーですよ!





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-サクラマス
-, ,