釣りとして感じる変化は海水浴や磯遊びに危険

釣りや海や川が危険だと再認識してもらう記事があちこちで

書かれて大変良いことだと思います。

レジャーなのに、「いちいち堅い話ばかりするなよ」と

思われる方もいますが、自然の中で変化をし続ける水は

あなたやあなたの家族に襲いかかる時があるということです。

まさかで起きる事故は

明日は我が身です、自分の家族かもしれない・・・

 

釣り人として感じる変化は海水浴や磯遊びには危険

釣りをするサーフが海水浴場に隣接している所が

多くあるし

磯で釣りをする道中の潮溜まりは磯遊びに子供達も

多く訪れます。

普段皆さんが釣りをしていて「この波は釣れる!」や

逆に「この風が吹くと釣果が落ちる!」と釣りをしていて

肌で感じている経験や潮の満ち引きも当然頭に入っている。

 

皆さん釣り人は、水のスペシャリストです!

たとえば、自分が通うサーフは左から右へ

(北西からの風や潮の流れ)が

来ると最高です、しかし海水浴で北寄りからの風が吹くと
(日本海側での事例)

オンショアといって白波が立ち

波と波の間隔も短くなり泳いでいる人を見失い易くなる。

大潮の日には潮の流れも早くなり、離岸流も大きくなります。

「サイドカレント」といって波打ち際で横に向かう流れ、

その流れの先に離岸流が出来るわけですが

大潮の日にはこの横に向かう流れも強くなり

浮き輪を付けていると見る見るうちに離岸流の本芯へ流されます。

磯遊びに来るファミリーの中でも潮の満ち引きが頭に入って

磯に来る人は何人いるでしょう?

休日の朝、起きて用意して満潮だろうが干潮だろうが

海に到着したら遊びだすのが普通でしょう。

潮の満ち引きが大きい地域では怖いですよね、

潮の満ち引きを教えてくれるガイドが同行していれば

良いですが、遊びに夢中な時は周りが見えなくなり、

あっという間に潮は満ちてきます。

待ってはくれません、それが自然の常ですね。

6fe83740e9824e706e9d02572f2efdf8_s

 

教訓として

釣り人の皆さんが普段何気に感じている危険意識は

たまにしか水辺に来ない人や子供達は知らないことばかりです。

ぜひ、ご家族や友人達にも水辺の危険知識を伝えて

危険をまず回避する事を教えて上げてください。

水辺で犠牲に成られた方を教訓として伝えていくことが

大事なことではないでしょうか?

スポンサーリンク




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い, 気象, 波、地形
-, , , ,