「インティレイ」が新しくなって登場する!新旧スペック徹底比較

昨年ライトとしては珍しく名前が定着した

Hapyson×34の「インティレイ」が

「NEWインティレイ」となって発売されます!

 

新旧チェストライト「インティレイ」スペック比較

 

旧インティレイスペック

  • 光がブレない・ズレない・動かない
  • 視界が広がる超散光(600lx/200lm)
  • 周囲の釣り人に配慮した赤色発光の手元灯搭載
  • 集光弱点灯でも50lmの明るさで15時間
  • 首に重さを感じない調整パッド付ストラップを装備
  • 防滴仕様のため雨の中でも使用可能

ハイパワーLED 2個 赤色LED 2個

明るさ : 集光 強 約2300lx/200lm
弱 約700lx/50lm
散光 約600lx/200lm
ダブル 約 3400lx/400lm
ブースト機能 約 8000lx/600lm
※ブースト機能は押している間、最大20秒間発光します

    • 【電池寿命】
    • 強点灯:連続約2.5時間(アルカリ)
    • 弱点灯:連続約15時間(アルカリ)
    • ダブル:連続約1時間(アルカリ)
    • 散光:連続約2.5時間(アルカリ)
    • エマージェンシー機能:約48時間(アルカリ)
    • マーカー機能:連続約2000時間(アルカリ)
    • 赤点灯:連続約48時間(アルカリ)
    • 【光源】
    • 白色ハイパワーLED×2
    • 赤色高輝度LED×2(共にチップ)
  • 【大きさ】約173×50×87mm
  • 【質量】約200g(電池含)
  • 【付属品】調整パッド付きストラップ1本
  • 集散光形
  • 防滴形

 




NEW「インティレイ」

電池が充電式の物でも使用可能になり、電池寿命が延びた!

重量が50g軽くなり、200gから150g台へ!

ブーストモードが約20%さらに明るくなった!

 fimoTVより 家邊克己解説 ネックライト 充電式&軽量化

NEWインティレイ/Hapyson×34【ジャパンフィッシングショー2017

 

まだプロトモデルだそうですが5月頃には発売となるそうです!

インティレイは重いので首への負担を嫌う人も居ましたが

50gもの軽量化はかなり大きなインパクトですね。

それと充電式の乾電池が使用できるようになったのも

かなり嬉しい変更です。

 

大阪フィッシングショーにも展示されますので

行かれる方は手に取ってみては如何でしょうか?

発売が待ち遠しいライトも珍しいですが、期待してよいでしょう!

(詳細が分かり次第詳しいスペックをお伝えします)

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-釣りに使える便利グッズ
-,