雪道運転に偏光サングラスが効果抜群!

大雪の峠は越えた福井県内ですが

朝は起きると雪は積もっている日が多く

まだまだ注意が必要です。

 

さらに幹線道路は除雪が進んでいますが

住宅街はまだまだ雪が残り、

気温差で圧雪された場所や砂漠の砂のように

タイヤを埋もれてしまう雪は残っています。

 

そして晴れる日が続くと除雪に出る人が多いですが

側溝などへ雪を捨てると、

道路と側溝の境界が分からず脱輪したりも!

普段なら絶対落ちないような側溝でも雪で全く見えなく

行き違いの車を避けるために道路脇に寄ると

落ちる可能性がこれから増えてきます。

晴れた日は日差しで雪の照り返しも強く、

眩しい・・・・そんな時にはあれが大活躍します!




雪の日の運転には偏光サングラスが効果抜群!

 

なぜ雪道で偏光サングラスを掛けるのか?

晴れた雪道は一面銀世界・・・・・

景色と見れば素晴らしい世界ですが、

日差しが強く、真っ白にしか見えず

道路、境界線、雪で出来たわだち、が見えず

スピードを出していると事故につながることも多い。

 

偏光サングラスをかけると、コントラスト性能が高いので

道路の凹凸、わだち、路面反射がカットされるので

目の疲れも軽減されます。

 

通常のサングラスでは反射光まで

カットすることが出来ないのに対して

偏光サングラスの中でも

『イーズグリーン』レンズカラーは

特に雪道で効果を発揮します!

曇り空の香料が落ちている状態、

偏光サングラスの中でも明るい視界を

得ることが出来るのがイーズグリーンです。

TALEX

 

自分でも実際に雪道を運転する際に

タレックスレンズの偏光サングラスを使用していますが、

運転中、『視界から入る道路状況が物凄くハッキリと分かる』

日によって、アイスバーンだったり融けた雪道に

わだち、が多くスピードの強弱を細目につけなければ

ガタガタになっている道でも、しっかりと

道路状況を把握しながら走れる安心感は

何よりも安全運転につながります!

 

私は重機に乗って除雪作業はやった事がありませんが

コントラストがはっきりする偏光サングラスは

きっと大活躍しますよ!

TALEX偏光サングラス

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-その他