ポポペン、飛距離、泳ぎサーフでの使用

2017/03/22

ジャンプライズから販売された

ポポペン95Fをサーフで投げ倒して来ました。

 

この日は凪に近いが風は時に吹いて

波の高さは0.5m以下だが風波は立っている状況。

ポポペンぶっ飛び飛距離

 

ジャンプライズのルアーが良い点はまずは安定して飛ぶこと。

(一部は飛距離の安定性を犠牲に泳ぎ重視の為飛ばないものもあるが)

飛距離は14gとは思えない飛距離。

シマノ・サイレントアサシン140Fと交互に使用していたが

お互い譲らない飛距離。

約60mは普通に出る飛距離。

 

何といってもミスキャストの少なさ

 

キャスト精度がどうのこうのではなく、歩きながらの体制で投げても

とにかく安定して飛ぶ事が驚きましたね。

少し風がある時でも14gの軽さを感じさせない。

ぶっ飛び君シリーズもそうだが、安定して飛距離を出せる物は

長時間の使用でも疲れない。

フルキャストする必要が無いのだから!





 

ポポペン10フィートロッドでも簡単にアクション出来る

 

ポポペンはトップウォータープラグ。

サーフで波が立つところでも着水し60m程度離れた所でも

肉眼で綺麗にドッグウォークしているのが見えます。

それ位、大きな動きでドッグウォークする。

 

波が0.5m程度しか無かったが、風波は立っているのに

風波に負けない位アピール力が大きい。

そしてダイビング!

これが素晴らしい。

大きなドッグウォークの中に1発2発

ロッドアクションを強くしダイビングを入れると

Sの文字の様にダイビングしたり

振り幅が大きな滑る様なドッグウォーク。

 

サーフでもこれから水温が上がる時期はシャローが良く釣れる。

シャローミノーでも藻があったり根掛かりする様な場所でも

使えるのはトップウォータープラグの強み。

 

足場の高い磯で使用していないのですが、

自分はトップウォータープラグのアクションはロッドを上に対して

アクションさせてます。

サーフでも同じ。

上にアクションさせて使う方はロッドのふり幅と瞬間的なストップで

ドッグウォーク、ダイビングと容易にアクション出来ますよ。

後はリールを巻き過ぎると水面を犬が泳いでくるように

真っすぐ泳いでしまうが・・・・

 

特にサーフで使用されている方はリールの巻取り量が

HGかXGを使っている人が多いと思うので

巻取り量は注意が必要ですが直ぐに慣れます。

 

メタルジグを投げる様なロッドでもアクション可能

自分が良く行くサーフで青物シーズンもトップウォータープラグを

使用している人はあまり見たこと無い。

いや、ほとんど見たこと無いが、

サーフでトップウォータープラグを使用したことが無い人に

ポポペン95Fを使ってみて欲しいですね!

 

10ftロッドでも簡単にアクション付けれるし

何よりも何回キャストしても疲れないで飛距離が出る

ジャンプライズ・ポポペン95Fを

サーフでメタルジグに反応しない時にでもお試しあれ!

このアクションは魚が入っていればアピールは絶大。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JUMPRIZE】 ジャンプライズ ポポペン95F POPOPEN
価格:1727円(税込、送料別) (2017/3/21時点)

ポポペン在庫一覧

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-, , ,