福井豪雪、自分達で最低限出来る事を!「水の凍結を防ぐ」

メディア報道でご存知だと思いますが、

福井県は雪に覆われ、

交通、経済、生活がパニック状態に陥ってます。

 

連休と重なったことで、まだまだ大きく表面化していませんが

被害や生活に支障が出てくるのはこれからだとも思います。

 

今後も雪が降りやすい日が続く予報も・・・

そこで最低限自宅で出来る備えをご紹介します。




雪や寒さに備え自宅で出来る事「お湯が凍るのを防ぐ!」

 

① 気温が3度下回るときは浴槽に水を少し出して置く

水道関係の知り合いが多いのですが、

「みんな一番肝心なお湯を出して寝ることを忘れてる。」と

口を揃えて話してます。

夜、気温が下がる日は「もったいない」ですが

お風呂の浴槽に水を貯めて寝ましょう。

 

ガス給湯器の場合

今のガス給湯器は、リモコンを付けたままでも

種火は無いので(一部25年以上前の給湯器は除く)

出湯量で点火します。

心配な方はリモコンを消しても、(電源コンセントは抜かないで!)

器具内の凍結予防ヒーターは

約5℃前後で自動でONしますので

リモコンを消して浴槽にチョロチョロお湯側を

出して寝ましょう。

※出湯量が少なければ給湯器は点火しませんので。

追い炊き機能付きガス給湯器も、

お湯を浴槽にチョロチョロ出すのは同じですが、

残り湯でも良いので循環口より上までお湯を残しておけば

自動で凍結予防のためにポンプが自動運転しますので

追い炊き配管の凍結を防止することが出来ます。

 

 

灯油ボイラーの場合

 

灯油ボイラーの場合はリモコンを消さずに

お湯が冷めると勝手に燃焼し、器具内のタンクを

設定温度を保つために(減圧式タイプ)

リモコンを消さずに浴槽にお湯をチョロチョロ出して

寝ましょう。

追い炊き機能付きは、ガス給湯器と同じように

循環口より少し上まで水をためて置きましょう。

 

 

エコキュートの場合

エコキュートの場合も基本的には同じですが

リモコンで設定温度を水に設定し

浴槽にチョロチョロ出して寝てください。

追い炊き機能付きはガス給湯器などと同じで

循環口より上まで水を張って置きましょう。

 

 

もしも凍結してお湯が出なくなった場合

今回の冬の場合、凍結してるのは

給湯器などのお湯の配管よりも、

器具近くについている給水バルブが凍る事例が多い。

 

 

それもボールバルブよりも

下記画像の様なストップバルブが

凍結の原因となる事例が多い。

 

この部分にお湯をかけたりドライヤーの熱風を当てたり

その様な方法もありますが、

配管が損傷する恐れがあります。

日中気温が上がるのを期待して、

お湯が出る蛇口を全開にして置き自然解凍するのを

待つ方法しかありません!

 

やはり肝心なのは、

水を浴槽に出して置くことで

水道管の凍結の多くを防ぐことが出来ます。

そして凍結してしまったとしても、

お風呂の残り湯を浴槽に残しておけば、

水道管が凍結した場合にも、

トイレの排水に

使用出来たり、何かと便利なことが多いです。

 

雪国に住んでいながら、ここ数年の暖冬で

配管が凍り、お湯が出なくなることなど

すっかり忘れていましたが、ちょっとしたことで

配管凍結は防ぐことが可能です!

まだまだ夜には氷点下になる日が続きます。

お湯が出ない生活は不便なことが多いので

夜寝る前には必ず浴槽にお湯の蛇口から水分を出して

寝るようにしましょう!

 




-その他