海で七色に輝くカブトクラゲの生態

海に行ったとき、特に波が立たないときや

水面が静かな凪の時水の中をのぞくと

七色にネオン輝く生き物を見ることが出来ます。

 

名前は『カブトクラゲ』

大きさは手のひらサイズ程度で波がある日は

中々見ることは難しいが、凪の日や潮止まり時に

日本沿岸で一年中見ることが出来ます。

水中で七色に輝く「カブトクラゲ」

実はクラゲと名称が付いているけど

クラゲではありません。




 

水中で七色に輝くカブトクラゲの生態

カブトクラゲはクラゲに部類される生物ではありません。

『有櫛動物(ゆうしつ)』

体のほとんどが無色透明で、ゼラチン質。

体の周囲を放射状に光る帯を持ち、

海で見るとよ~く見ないと見えないかもしれませんが

小さな動く何かが七色に輝いている。

 

でも夜光っている生物なんて見たことない!

実は、カブトクラゲは夜光ることは出来ず

櫛板と呼ばれる体の表面を覆う繊毛を細かく動かし

太陽の光を反射しているので7色に見えるのです!

近くで見ると一生懸命に繊毛を動かしてるのも

観察できるので可愛いですよ。

 

カブトクラゲの名称の由来・毒はあるの?

 

名前は「カブトクラゲ」と強そうですが

戦国時代の大名が被っていた「兜」に

形が似ているだけでそう呼ばれているだけで

触ると崩れてしまう弱い生物です

 

『カブトクラゲに毒はあるの?』

「無毒」なので安心してください。

 

手や網で掬うとゼラチン質の為に

すぐに崩れてしまうので触らずに観察するだけにしましょうね!

暖かい天候が落ち着いた日が続くと

大量発生して、ニュースなどで見たこともあるかもしれませんが

海へ出かけた際にはぜひ海面を漂う

『カブトクラゲ』を観察してみると面白いですよ。

 

海の中には、猛毒を持つクラゲも多くいます。

最悪・死・・・・猛毒カツオノエボシ

毒のあるクラゲもこれから出てくる時期なので、

間違えて子供さんが触ろうとしているときは、

触らないように「そっとしておいてあげよう」と

教えてあげてくださいね!

 

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-