リオ五輪大丈夫?辞退者続出「水辺の競技会場で危険バクテリア検出・水質改善されず巨大なトイレといわれる場所が会場・・・」

2016/09/21

ゴルフ競技やテニス競技の上位プレイヤーが辞退続出している

2016年8月5日に開催されるリオ五輪。

2cx

ゴルフプレイヤーの辞退はジカ熱や本来のツアーが過密スケジュールの為と

言われていたり、テニスプレイヤーも本来の大会スケジュールが過密な為と言われているが

それより大きな問題は水辺の競技。




セーリング競技などが行われる「グアナバラ湾」では

リオ市内の下水処理施設の整備が遅れており

2014年に危険バクテリアが検出され、80%まで水質改善するという2016年になっても水質改善されていない。

リオ州環境局がグアナバラ湾の水質を改善するには25年以上かかる。80%という数字はほど遠い目標だ

と地元メディアに水質改善されていないことを認めたそうですが・・・・・

2vgh
2015年7月のグアナバラ湾 産経ニュースより

 

下水処理施設の整備が遅れているのは一般市民には

どうしようもないことなのかもしれないがこのゴミの量。

さらにその他のオープンウォーター競技が行われるサーフなど5か所でも危険バクテリアが

検出されたとロイター通信が伝えていますね・・・・・。

リオ・オリンピック大会会場から危険バクテリア検出!

ブラジルなどの我々がメディアから観るビーチはセクシーな女性がサーフに

わんさか居て、暑く激しい太陽が日差しを浴びせ・・・・は

所詮リゾート地域のみで実際の生活排水が流れ込む河川の河口や湾は

水が死んでるのですね。

ほんとにオリンピックはいろいろ問題が噴出し、特にリオ五輪は

スポーツの内容よりもテロ問題、ジカ熱問題、ドーピング問題と丙申年の云われ通り

申年は変革の年!

騒がしいオリンピックとなりそうですね。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-イベント
-