ロボットワームまで登場! 未来のワームは動く!

魚型の自動遊泳ロボットは先日お伝えしましたが、

10年後のルアー

今度は自動で動くワーム?の登場。

 

THE OCTOBOT

2eee

 




(CNN) 米ハーバード大学はこのほど、

軟らかな素材だけで作られた

小さなタコ型ロボット「オクトボット」を開発したと発表した。

硬い部品を一切使わず内部の化学反応だけで動く世界初のロボットで、

サイズはSDメモリーカードよりやや大きい程度しかない。

科学誌ネイチャーで24日、

発表された論文によればオクトボットが自ら動く仕組みはこうだ。

オクトボットの内部には過酸化水素が少量入れられており、

これが化学反応によって気体となる。

気体はオクトボットの腕の内部を流れ、腕を小刻みに動かすという。

過酸化水素が気体になるタイミングを制御しているのは、体内の小さな回路だ。

凄い技術ですね・・・・

硬い部品は一切無く、化学反応だけで動く仕組み。

実際動きはピクピク程度で微妙だが

もっと大きく動かせるようになれば将来は

「ワーム」

として有効活用されそうですね!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-