サゴシ

2017/10/22

サゴシ・・・・・・・・・・成長過程の呼び名で、サゴシ、ナギ、サワラ と

呼び名が変わる出世魚。

自分のイメージでは ショアから釣れるのがサゴシサイズで

オフショアから釣れるのがサワラサイズ

と勝手なイメージを持つ。

20150920_121508 (1280x720)

  大きな系群で2つに分けられる

日本海で釣れるサゴシは、なんと中国の黄海産です。

逆に瀬戸内海から太平洋側で釣れるサゴシは瀬戸内海産です。

産卵場所で大きく2つの分布に分けられるそうです!




 メスのほうが強い?

 

人間界と同じように・・・・・ではなく、ヒラメ・マゴチなどと同じように メスのほうが大型化します!

特徴としては魚では珍しく、浮袋がなく、エラも他の魚と比べると少ない。

日本海では5月頃と9月終わりから10月頃になると 群れで回遊するため、青物祭りになり

回遊したタイミングに当たると短時間でパカパカ釣れます。

 

 肉食で獰猛

 

顔が何となく ドラ○モンの スネオに似ている気がして

あだ名は「スネオ」と呼んでます。

仔魚の頃から鋭い歯を持ち、自分と同じサイズの魚なら パクパク食べてしまい、

種苗生産は稚魚が共食いするらしく中々に難しいとのことです。

好物はカタクチイワシやイカナゴ

20150920_121513 (1280x720)

サゴシカッターと言って、鋭い歯でラインを切られてしまい、ルアーロストした方も多いでしょう。

 

 産卵期

 

産卵期は春から初夏にかけて数回に渡り産卵する。

1年で46cmほど、
4年で倍近くに成長します。

50cm以下だと、昨年生まれの1歳時ということになりますね!

カタクチイワシが豊漁だとサゴシ・サワラ漁も豊漁になると言われ、サゴシがよく釣れる年は

カタクチイワシも大量に接岸している証拠なのかもしれません。

それと、 「サゴシがよく釣れる年は大雪になる」 と観天望気も聞いたことが有ります。

 

 

 サワラの西京焼き

 

西京焼き!が美味しいです。 刺し身で食べる地域も有れば、

自分は食べたこと在りませんが、炙ってタタキで食べると美味しいそうですよ~




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-,