サクラマス・レストレーションが日本水大賞「環境大臣賞」を受賞!!

ここ数日たまたまかもしれませんが、

九頭竜サクラマスを狙うフライマンの方を目にする機会が多く

自分の未知の世界・・・・・・・。

実は小学生の頃、フライフィッシングをほんの数回チャレンジさせて

頂いたことがあったが、記憶の中では数m先にポチョン。

何度チャレンジしてもポチョン。で釣り人生において

初めての挫折を味わったのが(笑)フライキャスティングでした。

 

子供ながらにこの釣りはとんでもない!

異次元の釣りだとフライキャスティングを隣で華麗に決める方を

羨望の眼差しで観ていた記憶が今でも鮮明に残っています。

 




サクラマスの聖地・九頭竜川でフライフィッシング

安田龍司氏が代表を務め、フライフィッシング愛好家でつくる団体。

「サクラマス・レストレーション」が

第十九回日本水大賞・環境大臣賞を受賞!

大きく報道されました。

 

 

日本水大賞とは?

■対象となる活動分野
 水循環系の健全化や水災害に対する安全性の向上に寄与すると考えられる活動で、以下のような分野における諸活動(研究、技術開発を含む)を対象とします。

[1]水防災 :例えば、以下の視点などから実施される諸活動

  • 防災教育を活動地域や学校等で行っている
  • 水災害に対する安全性の向上に資する技術を開発し、普及する(ハイテク機器、文化財、ライフライン等を水災害から守る)
  • 雨をためる、しみこませる、ゆっくり流す
  • 河川の伝統的技術や災害体験の継承等啓発・普及

[2]水資源 :例えば、以下の視点などから実施される諸活動

  • 水を大切にする
  • 山や川などの水源地を大切にする
  • 水の様々な役割(農業用水、工業用水、水道用水)

[3]水環境 :例えば、以下の視点などから実施される諸活動

  • 川や湖沼、海などの水をきれいにする
  • 水辺の生き物やそのすみかを大切にする
  • 水辺や水のある地域づくり
  • 水にかかわる体験活動、環境学習

[4]水文化 :例えば、以下の視点などから実施される諸活動

  • 水や川や湖沼、海などに対する敬意と親愛を高める
  • 水や川や湖沼、海などの文化を創ったり広めたりする(芸術、文学を含む)
  • 地域における水文化を発掘したり普及する

[5]復興 : 上記の[1]から[4]に該当する諸活動のうち、地域の復興の視点から実施されるもの

その他、上記に関係する国際的な連携・技術協力・学会活動

日本水大賞
 

福井県内のローカルニュースでも活動が頻繁に紹介され、

名前も、活動内容も広く知れ渡り、

サクラマスを釣るだけの

我々からすれば、今後とも安定してサクラマスが

九頭竜川へ母線回帰することがなければ釣りが成立しない。

 

その母線回帰をする為に産卵の河床環境を改善されていたり

成魚としてのサクラマスにとどまらずサクラマスの産卵場所としての

環境整備をされていることが県内外の方にまで知れ渡る

受賞となりましたね。

 

自分はまったく団体の方とは面識がありませんが、

兄の子供たちはサクラマスレストレーション主催の

九頭竜サクラマス稚魚放流に参加したし、

今年は我が家の子供も幼稚園のイベントで参加予定です。

 

教えても無いのにいつの間にか「サクラマス・サクラマス」と

魚を見ればサクラマス!と連呼するようになり

子供は魚の名前を一つ覚え、九頭竜川にはサクラマスが

生息しているとしっかり伝わっている。

 




我々は釣果数が多い少ないは直ぐに海の気象条件や

漁獲量に目を向けてしまいますが

このような活動をしている方達がいてこそ

九頭竜川に安定した量のサクラマスが

戻ってくるのではないか?と感謝したいと思います。

海も山も川もすべては繫がっており、全ての水の通り道

どこで釣りをするにしても、ゴミが落ちていたら一つだけでも拾って帰れば

それが環境整備ですよ!

自分に出来る事をすれば良い。

みんなで環境整備(ゴミ拾いすれば)水辺を守る行為になるのですからね!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-サクラマス
-,