日本はサーモン王国になる?

遂に国が介入ですか。

組織化・・となっているが介入ですよね。

 

 

新規参入が相次ぐ国内養殖サーモンを成長産業に育てるため、

産官学一体となった連携・連絡組織を立ち上げる。

1日に水産庁が初めて開いた国内海面サーモン養殖推進会議で

関係者らに呼びかけた。

全国水産技術者協会(川口恭一会長)が事務局となり、

組織化を進める。

外国産に席巻されるサケ・マス生食市場での国産魚シェアのアップ、

選抜育種など技術力向上、

魚病対策や国内外でのマーケティングなどを目指し、縦横の連携を強化する。

 



各地で記録的な不漁が続き、

漁から養殖への大きな方向転換ではなく?

輸入に頼る日本の現状を見れば食料自給率を上げるためにも

良い事であるのだが、

やはり生物を扱う事業は国が音頭を取らなければ

カオスになり兼ねない面もあるからでしょう。

 

 

漁で不漁になり、価格が上がれば

より安い輸入物を探し販売ルートが広がるのも早い現代。

不漁で価格が上がれば消費者には見向きもされなくなり、

安定供給できない=興味を無くす

我々消費者にも多く問題があるのでしょうね・・・。

 

物が溢れているのが普通で、どんなに不漁となっても

回転寿司屋には

いつもの価格、いつもの量が永遠と回り続けている。

それを普通と思う我々の感性の方が異常であるからこそ

国もそうせざる負えない事態になっているのかもしれません。

 

 




 
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-サクラマス, 魚の生態
-,