釣り業界驚愕の水中ドローン完成形が遂に発売される

ドローンを有効活用している分野はまだまだ少なく、

運送業としての将来に期待されてはいるが、

空に機械が飛ぶのは・・・ご想像できますよね。

危険が生じるからであり壁はかなり高く

実際に運用されるのは数年先まで厳しいでしょう。

4e0b3a0139330a1ea6018fe98e4edf70_s

個人が趣味として利用していることばかりクローズUPされるが

産業、商業としてのドローンはどんどん高性能化されている。




釣り業界、養殖産業、水産関連に使用されるドローン

例えばルアーメーカーが製作段階でルアーのスイム動画を撮るだけではなく

実際に水中ドローンで魚を探し、そこでバイト動画を撮れば何日も

撮影に経費をかけなくて済むし水中に潜るという行為を今後人がする必要が

無くなりますね。

ルアー発売前に公開するルアー製品の動画はドキドキさせてくれるものが

多いが、もっとリアルな迫力ある動画が撮れること間違い無し!

 

遊漁船関連も、魚群探知機と船長の経験知識でこれ以上魚の場所を

探る必要は無いかもしれないが実際水中にどの程度魚がいるのか

スマホで、タブレットで確認できるのは大きいですね。

 

海中工事などにも利用出来る事があるでしょうし、

養殖業は今現在潜水して確認している作業など

全てこのドローンで賄えそう。

水産関連には使い道が山程あります!

 

SEADRONE

スペック

重量  5kg

サイズ 306mm×306mm×270mm

最大速度 時速5,4km

操作可能深度 100m

フル充電3時間駆動

フルHD撮影でこの画質の綺麗さ!

1yd

1t

SEADRONEは3タイプあり、スラスター(推進装)の数で金額が変わります。

1za 価格 30万   35万   43万

趣味として購入するには少し高額ですが、商業利用なら十分手が出せる金額だと思います。

これからの水中ドローンに期待しましょう!


SeaDrone Developer

 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー, 釣りに使える便利グッズ
-, ,