PEラインは12本編みが主流に?「シマノ」12ピットブル!

シマノから2018年新しいPEラインが登場しました。

タナトル』『ピットブル』シリーズ。

 

 

 

2つのラインの違いを詳しく説明します。




PEライン「タナトル」「ピットブル」スペック

まずはスペックから見て行きましょう。

 

※号数・最大強力・m数は200mで比較・価格の順です

タナトル4

0.8 17.8(8.1) 200 1,570
1.0 20.0(9.1) 200 1,570
1.5 31.7(14.4) 200 1,570
2.0 38.7(17.6) 200 1,570

タナトル8

0.8 18.3(8.3) 200 2,900
1.0 22.4(10.2) 200 2,900
1.5 31.7(14.4) 200 2,900
2.0 42.8(19.4) 200 2,900

タナトルシリーズは10m5色のラインマーカー入り

 

 

 

ピットブル4

0.8 17.8(8.1) 200 1,570
1.0 20.0(9.1) 200 1,570
1.2 27.0(12.2) 200 1,570
1.5 31.7(14.4) 200 1,570
2.0 38.7(17.6) 200 1,570

ピットブル8

0.8 18.3(8.3) 200 2,900
1.0 22.4(10.2) 200 2,900
1.2 27.0(12.2) 200 2,900
1.5 31.7(14.4) 200 2,900
2.0 42.8(19.4) 200 2,900

 

そしてシマノ初の

ピットブル12

0.8 18.3(8.3) 200 4,040
1.0 23.4(10.6) 200 4,040
1.2 28.4(12.9) 200 4,040
1.5 36.2(16.4) 200 4,040
2.0 43.7(19.8) 200 4,040

シマノ公式

 

号数は0.8~2.0で比較

長さは200mで比較しました。

 

 

ピットブル12のみに使われている「タフクロス2」

 

ピットブル12を除く4種類のラインは

4本撚り、8本撚りそれぞれ最大強力は同じ数値。

 

そしてPEラインの一番求められるすべて同じ強度を

東洋紡(株)の『IZANAS』と呼ばれる

 

 

原糸から製造まですべて日本国内にて行い安定した

『VT工法』を使い均一化するテクノロジーが使われている。

 

 

ピットブル12のみ、

「VT工法」×「タフクロス」を合わせ

強力と低伸度を高めたオリジナル工法

「タフクロス2」が使われています。

 

タフクロス工法は実はシマノ史上最強PEと呼ばれている

OCEA EX8』に使用されているテクノロジーで

価格も高いです!

 

しかし「ピットブル12」は

タフクロス工法×VT工法を使っているにもかかわらず

低価格なのが魅力的ですね!

タナトルシリーズとピットブルシリーズインプレ中!

 

現在、タナトル8を巻いて使用してますので

もう少し使い込んでから

同じタックルで

ピットブル12も使ってからインプレしたいと思います。

 

自身は釣行回数に関係なく、

約2~3か月でPEラインを全変えしています。

もっと長い期間使えると思いますが、

PEラインが新しいとリールが生き返る気がして・・・。

 

途中経過ですが、タナトルシリーズは張りが強い。

スーパーファイヤーラインを思い起こす張りの強さ。

PEライン比較「バークレー・スーパーファイヤーライン」VS「よつあみG-soul X8アップグレード」

 

ピットブル12と、どう違うのか?

3か月後が楽しみです。

 

それと視力がドンドン悪くなり、

タナトルシリーズは10m×5色のカラーがあるので

なんとかPEラインが見えるが、

ピットブル12は単色(サイトライム)のみで

発売時期未定ながらピンクカラー、も予定しているとの事。

グリーン系は自分にとっては見えにくいカラーなので

ラインマーカー入りの発売を望みます。

 

PEラインは張りやコシの強さに個人の好みもありますが

それよりもトラブルの少なさ・・・・

トラブルレスを望むものです。

 

価格の安い粗悪製品は、製造段階での不均一なラインの太さが

変な位置での高切れを誘発したりということもありますが

実売価格3,000円程度で発売されている

ピットブル12・・・・・

12本編みは他メーカーからも発売はされていますが

倍以上の価格。

シマノがライン製品も引っ張っていくのか?

今後が楽しみです!

シマノPEライン ピットブル12

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-PEライン
-,