シマノリール 「ステラの歴史」ステラの魅力

2018/05/22

2018年、シマノからNEWステラが登場しました。

良くも悪くも、リールメーカー大手が

発売するフラッグシップモデルはその後に発売される

下位互換リールに搭載されるテクノロジーも予想できる為に

数年先までこの価格帯であれば、この性能も搭載されるのでは?と

今後のリール性能を垣間見ることも出来たりします。

 

そしてシマノが誇るフラッグシップモデル

『ステラ』

ステラはいつ発売されて、何機種出ているのでしょうか?

 




 

シマノ最高峰リール「ステラ」の歴史 歴代ステラを全てご紹介!

 

2018年に発売される「18ステラ」を加えると

13機種が発売されています。

画像が残っている数で見ても07ステラ辺りは

現在でも使用している方が多くいますが、

驚愕です。

釣具がメンテナンスをしながらであっても

10年以上耐久性があるのですよ!

 

 

初代92ステラ:1992年発売

 

 

95ステラ:1995年発売

Hiroshiさん(@hiroshi0036)がシェアした投稿 -

 

 

98ステラ:1998年発売

AKRさん(@calmaakira)がシェアした投稿 -

 

 

99ステラ:1999年発売、現在のSWに当たる

大型リールはまだSW表記は無かった

AKRさん(@calmaakira)がシェアした投稿 -

 

 

ミレニアムステラ:2000年を記念しての発売

 

 

 

01ステラ:2001年発売。このステラから

FW=淡水使用

AR=海水、淡水兼用

SW=海水使用と分類される。

最高のドラグ性能を得た代わりにライントラブルも増えた

光と闇が両立したステラと今でも語り継がれる。

 

 

04ステラ:2004年発売、01・04この辺りから

ゴールドカラーが

多く使われるようになり、派手さが出てくる。

 

 

07ステラ:2007年発売

 

 

 

08ステラSW:2008年発売

Ryo Takahashiさん(@tk84ry)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

10ステラ:2010年発売、今でも

当時このステラを使用していた方には

愛用者が多く、現在のステラよりも

10ステラこそが至高と謳う方も多い。

デザインもこの後大きく変わり、金属を好む方に

10ステラ愛用者は多い気がする。

今手に取ると、14ステラと比べドラグノブが小さかったり

使い易さでは14ステラの方かもしれないが・・・

 

 

13ステラSW:2013年発売、

ここからスプールデザインが丸穴から切り裂き型に変わる。

カラーもより黒色が多くなり、シックな感じに。

SWモデルでは現状13ステラが一番新しいモデルです。

 

14ステラ:2014年発売、色々と腐食関係のトラブルも多い。

内部よりもスプールなどのメッキ部に腐食したり

一時期スプール腐食が話題になる事もあった。

🏖EYEY🏖さん(@ey.0412)がシェアした投稿 -

 

 

18ステラ:2018年発売

発売発表が行われた当初、ツインパワーに似ているなどと

あまり良い評判では無かったが、発売されると

やはりこの質感には敵わない。

何も巻いて無い様な圧倒的なノイズの少なさで

これ以上に感度を感じるリールは無い。

テクノロジーの進化と共に、見た目の金属感も

メタル感が強くなり、剛性と軽さ、

ドラグ性能、巻き心地を

使うアングラーに

「歓びが、満ちてくる。」と

アングラーの所有欲、快適性能全てを満たしてくれる

リールであり続けるのが

『シマノ ステラ』です。

 

 

 

 

 

今回はシマノ ステラの外観を主体にお伝えしましたが

2018年にはNEWステラが登場しましたが、

性能よりも、まずは外観が騒がれて

釣り具のラインナップにはカラーバリエーションが

一部の部品を除き、殆ど変えることは出来ない為に

外観を重視する方も少なからずいます。

 

性能の方は、購入当初の状態がいつまで続くのか?

ある程度の金属摩耗は当然起こるとして

変わらない巻き心地が続いてこそ、

数年後にも良いリールであると評価され

ステラシリーズの魅力は続いていくのでしょう。

 

シマノ 18ステラシリーズ




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-リール
-, ,