「シマノ」NEWアルテグラ・コアプロテクト搭載で低価格のツインパワーだ!

シマノリールのラインナップを改めてみると

ハイエンドからミドルクラス、そしてエントリーモデルと

層の厚さを感じますが今日ご紹介する新しくなった

シマノ「アルテグラ」はエントリーモデルの次に

リールを選ぶ人向け、または短い時期だけの釣りに使う為の

リールを選ぶ人が多いミドルクラスといった感じでしょうか。

 

実はシマノリールはミドルクラスも充実し、

今年発売された「NEWナスキー」辺りから

「ストラディック」、「ストラディックci4⁺」と

当然価格の差が性能に直結するリールだが

正直、ミドルクラスでも釣りに使う上

「トラブルレス」

何の問題もないレベルにまで

シマノリールは進化しています。





問題ないとは、ライントラブル。

やはり安いエントリーモデルは無風、凪の日には起きないが

強風や波が高い日にはどうしてもライントラブルが起きる。

しかし、わたくしのサブリール「ストラディック」辺りになると

それなりに荒れた日に使っていても1年間でライントラブル0!

ツインパワーに至っては購入から丸2年の使用で

ライントラブル0・・・・・・・。

 

「ライントラブルって何?どんなこと?」と

ライントラブルが起きた時の解消法を忘れるほど。

 

初心者で在ればあるほど、リールを巻く時に意識する事も出来ないし

ライントラブルが付き物で、釣り場で出会うライントラブルが起きている人ほど

無名メーカー・ワゴンセールの安いリールを使ってますね。

結果、釣りをしている時間よりもライントラブルを解消している時間の方が長い。

何をしに釣りに来ているのか・・・・分からなくなってしまいますね。

無名メーカをリールを使っている人にもオススメ出来るのが

NEWアルテグラ!当然ライントラブルも解消される性能です。

 

NEWアルテグラはツインパワーの様に強くなって登場!

 

 

初心者の方にも「NEWアルテグラ」はおススメです!

以前リール購入に迷った時

ルアーフィッシングするなら

シマノは「アルテグラ辺りから性能良くなるよ!」とよく言われた。

そんなアルテグラが新しくなり発売されますが、

 

旧モデルに搭載されていた、軽い巻き心地を追求する

「マグナムライトローター」は搭載されず、代わりに付いた性能は

シマノ独自の防水性能「コアプロテクト

旧モデルはどちらかというとリール本体の軽さや

巻き心地も軽い物を目指した、ヴァンキッシュシリーズの

下位バージョンといった感じでしたが、

新しくなったNEWアルテグラは

 

ツインパワーの下位バージョンの様な

 

強さを持ったリールに変わってますね。

 

その分重量はUP!

旧アルテグラは耐久性の弱さが少し心配でしたが

NEWアルテグラは頑丈、強い!とイメージになり

ショアジギングなどでも当然使える強いリールに生まれ変わってます。

ぜひ新しくなったNEWアルテグラの強さを体感してみてください!

発売は2017年2月発売予定

1000番~C5000XGまで12機種

価格は15,800円~20,000円(税抜き定価)となってます。

シマノ公式「NEWアルテグラ」

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-リール
-,