シマノ2017秋冬フィッシングウェアは釣りっぽくない?

朝晩肌寒くなり、ウェアを着て

釣りをするには一番良い気候かも知れませんね!

 

今年も各釣り具メーカーの

2017年秋冬フィッシングウェアが

発売されており

今回は「シマノ フィッシングウェア」を詳しく見て行きましょう!

 

 

シマノ秋冬・フィッシングウェア

 

2017年シマノ・フィッシングウェアは

昨年とはデザインが大きくは変わってません。

 

 

 

 

 

 

基本はゴアテックス®

 

デザインはこれ以上大きく変えようがないのでしょうが

『XEFO』ブランドに関しては特に

「フィッシングウェアじゃないみたい」「釣りっぽくない」

のがデザインの特徴ですね!

 

どの様な感じが釣りっぽいのか?と聞かれると困るが

今年や2018年は昨年同様、

ネイビーや寒色系の深い色が流行っているし、

個人的にはバブルの頃のド派手なカラーよりは

ナチュラルな感じで良いと思う。

 




 

 

STRV シマノフィッシングウェアは温度を数値化し、それに合わせて重ね着を対応できる

 

シマノフィッシングウェアを見るとこんな表示がある

ウェアがあります。

『STRV シマノ サーマル リテンディブ バリュー』

 

釣り場の地域の気温に合わせて、

STRV表示のあるインナー・ミドル・アウターの数値を加算すれば

重ね着した場合の対応温度が分かる仕組みです。

 

shimano公式

 

何とSTRVを+15になるように重ね着すれば

氷点下15度まで耐えられる保温性能になります。

 

そこまでは必要ないかもしれないが、実際冬の釣り場には

寒さをオーバーに考える方に重ね着した方が釣りにも余裕が出る。

「寒い寒い」とキャストしていると

魚の活性が良くも無いのに

寒いもんだから、無意識に超早巻きしている人が多いですからね(笑)

 

これからの季節、釣り場に立つ日は

天候が良くない日が多くなりますが

「シマノ フィッシングウェア」はそんな悪天候に負けない

暖かさで包んでくれるでしょう!

※防寒はまずはアンダー・インナーウェアが大事ですよ!

 

 

 

 

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ウェアー
-