公魚・・・読めますか?

突然ですが、『公魚』と書いて

何と読むのかご存知ですか?





正解は冬が旬のこの魚です。

『ワカサギ』

 

今では温かいストーブ付きのドーム船や、

テントや暖房器具を持参して氷に穴を開け

 

 

釣って食べて楽しむ方が多いワカサギですが、

常陸国(現在の茨木県)麻生藩が徳川11代将軍徳川家斉に

年貢として霞ヶ浦のワカサギを納め「公儀御用魚」とされたことに

由来する

「公魚」と呼ばれるようになったそうです!

 

ワカサギ釣りは氷点下の気温になる真冬の釣りですが、

実は日本全国で楽しめる釣りなんですよ!

 

氷の上で釣る

氷上ワカサギ釣りは、北日本でしか出来ませんが

ボートから釣る「ボートワカサギ」桟橋から釣る「桟橋ワカサギ釣り」

を楽しめる場所は関西やもっと南の地域でもあります。

 

最南端は山口県下関市!

南の方へ行っても冬の寒い釣りなので防寒着は忘れずに!

日本全国のワカサギ釣りを楽しめる場所を調べたい方は

こちらを参考にしてみると良いですよ!

ワカサギ釣り情報PRESS

 

多い日には100匹以上釣れたり、

釣りをしたことの無い子供さんや女性とのデートにも

ワカサギ釣りは楽しいし、何より美味しい!

さすが「徳川幕府」に納めていただけありますね。

 

ぜひ冬の寒い釣りですが楽しんでみてくださいね!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-魚の生態
-,