雪で車がスタックした場合の自力脱出方法!

福井県内の各メイン道路は

除雪業者の不眠不休の活動や自衛隊の活動で

一応の通行は出来るようになっていますが、

路地に曲がり住宅街へ入れば雪地獄です。

 

圧雪からmアイスバーンになった雪が融けだし、

まるで砂漠の砂状態の様な雪が

車高の低い車のタイヤを空回りさせスタック。

 

ここ数日で自分も何十台も救出しましたが、

もしも人が少ない場所でスタックした場合に

スタックから脱出できる方法をご紹介します!

憶えておいて損はありません。




雪で車が動かなくなった!スタックから抜け出す方法

 

雪道で、車のタイヤがわだちなどにハマり

脱出できなくなる事態が多く発生していますが

スタックした場合、トラックなどの大型車は別ですが

普通乗用車や軽自動車であれば人力で何とか出来ます!

人数がいれば

アクセルを踏みながら揺りかごの様に

車体を揺らし一気に脱出も可能です。

 

しかし周りに誰も救助してくれる人がいない場合でも

脱出できるかもしれない方法をご紹介します。

 

 

雪でスタック脱出方法「車内の足マットをタイヤの前後に敷く。」

今回の雪でスタックして動かなくなっている車の多くは

片方のタイヤしか回らなくなってる。

車の片輪だけが雪に乗り上げて簡単に言うと

車がどちらかに傾いています。

アクセルを踏むと画像赤丸だけが回転して

反対側のタイヤは全く回転しない。

※デフという機能の為ですが今はどうでも良いですね。

アクセルを踏んでタイヤが空転する画像赤丸部分に

チェーンなど填めれば良いがそんなもの常備していない。

そんな場合は

フロアマットを敷く。

前方向に脱出する場合はタイヤの進行方向へ敷く。

 

後ろ方向へ脱出する場合はタイヤの後ろへ敷く。

 

 

フロアマットが無い場合は、

女性であれば車内で使う

ひざ掛けの毛布などでも良いです!

タイヤと地面になるべく接地面を増やすような形で

折り曲げても良いしタイヤと地面に少しでも

抵抗力が掛かれば良いです。

 

同乗者がいる場合、一人で押すくらいなら

前輪が空回りするFF車の場合は空転する助手席に乗ってもらう。

後輪が空回りするFR社の場合は後部座席に乗ってもらい、

少しでも重りになってもらいます。

 

ゆっくり少しずつアクセルを踏んでみてください。

注)この時タイヤの敷いた側から離れるように!!

マットが飛んできたりする可能性もあります!!

雪対策グッズ一覧
 

もしもスタックした時に、住宅街など人が集まる場所は

何とでもなりますが、

車通りの少ない場所などでスタックした場合の事なども考えて

雪道を走る時にはスコップを必ず車に乗せておきましょう!





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-その他