サーフに接岸するベイト「稚鮎」

日本の北から南まで時期は違えど

春になれば小魚が接岸してきます。

生まれて間もない時だったり、少し成長し知恵が身に付き

大きな魚から襲われる回数を減らす為に

夕マズメから朝マズメに岸側へ最も接近して来ます。

今回はサーフに接岸するベイト(小魚)を特集!

 




春シーズン・サーフ接岸するベイト「稚鮎」

 

稚鮎がサーフに接岸している時に狙うは表層です。

これには訳があり、

遡上前の稚鮎は

塩分濃度の薄い表層を回遊することが多い。

この為に、漁港などでも大群で表層を泳いでますよね!

 

地域性が大きくあると思いますが、北陸のサーフで稚鮎が接岸するころは

まだ水温が冷たい場合が多く青物自体が接岸しない場合が多く

ベイトは多くいるけど、肝心なフィッシュイーターが不在で

全く釣れない事を春先に必ず体験します。

こればかりは時期の問題なのでどうしようもありませんが・・・・。

 

稚鮎は成魚に近づくにつれて、冷水を好む様になり

遡上を始める訳です。

 

福井の方では稚鮎に付く青物は水温の関係なのか何なのかは

良く分かりませんが、あまり多くいませんね。

 

稚鮎の方が早く河口に集まり遡上してしまうからでしょうか?

その代わり稚鮎を大好物なシーバスが稚鮎を狙って遡上していきますね。

 

サーフの稚アユパターンはベイトがよく見えるのに釣れないを経験してから

非常に苦手で、歯痒い思いをするベイトであり、この後に接岸してくる

カタクチイワシがベイトになると、なんて釣り易いんだと錯覚に陥ったりもする。

 

だけどもしかすると「単にフィッシュイーターが付いてない」だけなのかも

しれませんね。

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-, , ,